ハゲで鬱で無職ですけど婚活してます

全頭脱毛症・鬱病・無職の3重苦をかかえて婚活をしている女のブログです

      

お断りのメール(亀田さん7)

   

      

亀田さんからのメールには、こう書いてありました。

「返事がおそくなってすいません。先日は貴重なお時間をありがとうございました。あれから少し考えましたが、エリコさんとは価値観が合わないように思いました。エリコさんに良いご縁があることをお祈りしています。」

1つ1つの文章を、何度も何度も読み返しました。
亀田さんにお断り…、された…。
お茶から1週間、なんの連絡もないのだから、もうほぼ分かっていたはずなのですが、いざ改めてこんなメールを受け取るとショックですね。

もう仕方ないですね。
自業自得な部分もあるし、今度こそあきらめるしかないのです。
この経験を充分に反省して、次に進むしかありません。

と、自分に言い聞かせました。
何度も、必死に。
でも私、どうしてもどうしても気になることがあるのです…。

「価値観が合わないように思いました。」とはどういう意味だろう?
亀田さんは、どの会話で「価値観が合わない」と感じたのだろう?
それはもしかして、誤解じゃないだろうか?

聞いてみたい。
聞いて、誤解ならば解きたい。
お茶の時の態度の全てをあやまりたい。
そしてできることなら、もう1度考え直してほしい。

この気持ちを、どうにかしてメールで亀田さんに伝えたいと思いました。
亀田さんに嫌な思いをさせず、円滑に、誤解無く、言葉の限りをつくして伝えたい。

私はメールの文章を練りました。
何日間もかけて、ネットで色んな文例を見て、勉強して、考えました。
会えば緊張で変な態度をとってしまうけど、メールでは素直に感情表現できる。
完璧なメールさえ送れば、まだなんとかなるかもしれない。

■□■□■

でも、結局メールは送りませんでした。
文章を考えているうちに時間もどんどん過ぎちゃって、いまさら送れないくらいになったのと、そもそももう可能性なんて無いに等しいのも、頭の片すみでは分かっていたから。
危うく深追いしすぎて、怖い人になるところでした。

■□■□■

実は2ヶ月たった今現在も、完全にはあきらめきれていません(笑)
もうメールを送ったりと行動に移すことは無いけれど、「亀田さんのことを逃しちゃって、悔しいなあ、私は本当に駄目だなあ。」って毎日悔やんでいます。
亀田さんのことがまだ気になるから、なかなか次の婚活に踏み出せません。
執念深いとも言えますが、終わった失敗を悔やむことが癖になっているのですよね。

これを書いている今は、少し冷静に自分のことを省みて、いいかげん忘れて次の行動を起こそう!って思っています。
けれど婚活以前に、男性との会話にもっと慣れないといけませんね。
緊張せず、普通に話せるようになりたいです。

引き続き、頑張りたいと思います。

     

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

 - 婚活, 亀田さん

ad

ad

     

          

  関連記事

顔の無い女性
気持ちの綱引き

私は本当に「自分」というものがありません。 恋愛の経験不足というのは言い訳で、自 …

水に浮かぶ桜
教えてくれてありがとう、と言いたい

お見合いパーティーで、目の前に座った男性が、何やら言いにくそうに話しかけてきまし …

工藤さんはやっぱり手の届かない存在だった

途中になっていた記事の続きです。 □□□□□ (昨年11月上旬に書いたものです。 …

水に浮かぶ桜
婚活-1

婚活について書きます。 (「まず病気を治せ」と言われそうですが、病気はそんな簡単 …

ブランコに独り寂しく乗る女性
一人暮らしの心細さ

こんな深夜にごめんなさい。 今日の地震、皆さんは大丈夫でしたか? 私は自宅にいて …



PAGE
TOP