ハゲで鬱で無職ですけど婚活してます

全頭脱毛症・鬱病・無職の3重苦をかかえて婚活をしている女のブログです

      

辛い現実

   

      

テレビCMでもよく見る、誰でも知っている有名な大手のカツラ会社。

そこで買った、とても精巧に作られたオーダーメイドのカツラを手にして、やっと私は自分の置かれている現実に気がつきました。

髪の毛は全部抜けてしまった。

女性の脱毛症の頭

毛穴さえも見えないくらいにツルツルに。

いつ、生えてくるかもわからない。
二度と、生えてこないかもしれない。

この、お坊さんのような、老婆のような、この姿が、今の私なんだ。

もう、このカツラ無しでは人前に出られない。
この、ヘルメットのような、圧迫感のあるカツラを、私は着け続けなくちゃいけないのだ。

その現実は、とうてい受け入れられるものではなく、私は再び「死」という考えにとりつかれました。

流産した時から、あるいは先輩に別れを切りだされた時や、先輩から慰謝料を受け取ってしまった時から、私は常に「タヒ」を意識していました。

誰からも愛されていないし、未来に希望もない。
仕事もない。

こんな、自分で自分を直視できないほど醜い姿で、生きていく意味なんてあるのだろうか?

タヒねば後悔するだろう。
私をここまで追い詰めた人達が後悔するだろう。

「タヒ」をもって、復讐してやりたい。
十字架を背負わせてやりたい。

何度も何度も思いました。
具体的な時期や、方法も考えました。

でも、できませんでした。

自ら命を絶つことは、私にとっては簡単じゃなかったです。
私は小心者で無力でした。
実行する勇気がなかった。

この頃、いじめによる若年層の自タヒが問題になっていて、テレビでよく取り上げられていました。
私は、自分にできないことを成し遂げた若い人達を羨望しました。

情けないけど、私には、自分で自分の人生を終わらせる勇気さえもない。

タヒねないなら、生きるしかない。
どんなに辛くても、絶望感しかなくても、暗い洞穴のような人生でも。
生き続けなくてはいけない。

(カテゴリー:脱毛症になってから)
初回 | 前回>>

カテゴリー:全頭脱毛症

     

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

 - 脱毛症になってから, ウィッグ

ad

ad

     

     

Comment

  1. Mominoki より:

    はじめてコメントさせて頂きます。
    私も昨年9月に突然、急性全頭性脱毛症になり、それまで50センチ以上のばしていたお気に入りのロングヘアをほぼ全て失いました。
    しかしながら抜け始めから3ヶ月ほどして、同じような勢いで新しい毛が生え始め、ひたすら伸びてくれるのを待っています。
    女性として髪を失うのは本当に辛いです。脱毛が進み日々自分の容貌が激変していった日々は堪え難く殆ど気が狂いそうになる毎日でした。

    カツラに違和感、よくわかります。
    死を考えてしまう絶望感、私もそうでした、いや今でも時々思います。

    アッぷされているブログを全て拝見させて頂きました。
    このご投稿に書かれていらっしゃる当時は本当にお辛かったのでしょうね。
    でもまだ毎日生きて頑張っていらっしゃる!
    頑張って下さい!!!

    • エリコ より:

      Mominoki 様

      ありがとうございます。
      この頃のことは、今も思い出すと泣きそうになります。
      鏡を見ることが本当に辛くて、自分自身からできるだけ目を背けて、何も考えないように努力して、日々が、時間が、ただ過ぎるのを待つことしかできませんでした。
      脱毛症の人は、きっと皆さん同じような苦しみを味わっていますよね。

      Mominokiさんは3ヶ月で発毛されたとのことですが、なにか具体的な治療はされたのですか?
      再び生えてきた髪が、どんどん増えていって、どんどん伸びていけばいいですね。

      • Mominoki より:

        エリカさん、こんにちは。ご返信ありがとうございます。

        私は髪が抜け始めて2週間後から内服及び外用ステロイド剤の治療を始めましたが、しばらくは、改善する様子もなく、どんどん毛が抜け落ちて行きました。
        ほぼ7割方抜けてしまった11月末から12月前半にかけては本当に地獄の日々でした。

        12月半ば、「なんとか脱毛を止めて欲しい。入院でもなんでもします」
        担当医に泣きながら訴えたある日、担当医が「やっと生えてきましたよ!もう少しですよ!!」
        とおっしゃってくれました。

        その後お正月明けまで脱毛と発毛が同時進行で続き、元の長い髪はほぼ無くなりましたが、今では新しい短い毛髪がびっしり生えています。

        私の場合、髪が抜け始めてからも尚、様々な精神的ダメージを受ける日々が続きましたので、ステロイドの内服は、リンパ球を破壊し、それ以上の攻撃を抑えるのに役立ったのかもしれません。

        でももうステロイドはイヤです。
        副作用が酷い….

      • エリコ より:

        Mominoki 様

        治療法を教えてくださって、ありがとうございました。
        抜け始めて2週間で治療を開始されたのなら、素早い対応が功を奏したのかもしれないですね。
        短い毛がびっしりと生えているなら、そのまま全てが順調に伸びていきそうですね。
        私も、何度か再生したことはあるのですが、まばらにしか生えてきませんでした。
        ステロイド治療は、私も副作用が怖くてできません。
        アトピーだったので、ステロイドの怖さはよく知っていて、内服や点滴はきっと私の体には合わないと思っています。
        脱毛症の治療は…難しいですよね。

        Mominokiさんは、抜け始めたのがまだ最近のことですから、きっとまだまだ怒涛の最中にいらっしゃると思います。
        どうか、あきらめず、かつ気長に、治療してくださいね。

     

  関連記事

全頭脱毛症の女性
脱毛症になってから-2

自分が脱毛症で、しかも心も病んでいると診断されても、なんだか他人事のようで、実感 …

全部、抜けた

こちらの続きです。 大手カツラ店で約50万円の契約でカツラを買って帰った私は、大 …

女性用のカツラ
仕事

今日はハローワークへ行ってきました。 コメントで「就職活動もしなよ」と率直な意見 …

女性用のカツラ
脱毛症のカミングアウト

昨日の「職場でカツラが気づかれてしまう」という記事にアドバイスをいただき、本当に …

脱毛症になってから-1

こちらの続きになります。 最初に髪がゴッソリ抜けているのを見つけた時、私はあまり …

前の記事
全部、抜けた
次の記事
薄毛と脱毛症


PAGE
TOP