ハゲで鬱で無職ですけど婚活してます

全頭脱毛症・鬱病・無職の3重苦をかかえて婚活をしている女のブログです

      

ただただゆっくり眠りたい

   

      

木原さんとお別れしたその日の夜、とても怖い夢をみました。

□■□■□■

私は、古く無機質な雑居ビルのような建物に入り、エレベーターに乗ります。

エレベーターは動き、どこかの階で止まって、男性が1人、うつむいて入ってきました。
ドアが閉まり、再びエレベーターは動き出します。

私はエレベーターの奥側にいて、男性はドア側に、私に背を向けて立っていました。

シーンとした静寂。
エレベーターのモーター音のみが響く中、私は胸騒ぎで心がざわめきだします。

「早くエレベーターを降りたい!降りなきゃ!」と思ったその時、男性が急に振り向いて、私の手首を掴んでにやっと笑ったのです。
とても強い力でした。

私よりちょっと年上の男性は、目が異常にギラギラとしていて、とても奇妙な笑みを浮かべていました。

ちょうどエレベーターのドアが開き、手首を掴まれたままひきずり降ろされた私は、恐怖のあまり、抵抗することもできず、叫び声をあげることもできません。

犯罪の、それも性犯罪の被害者になってしまう…。
そう予感し、絶望しました。

真っ暗闇な空間に向かって、ずるずると引っ張られて連れて行かれる途中で、やっと目を覚ましました。

□■□■□■

怖い夢をみることは、以前からよくあります。

脱毛症になったばかりの頃は、婚約破棄された先輩や、流産してしまった赤ちゃんがよく出てきて、うなされました、
先輩や赤ちゃんが出てこなくなった頃からは、トンネルや、暗い森、夜中の雨の中といった場所を、1人でひたすら歩き続ける夢をみるようになりました。

そんな嫌な夢も、ここ数年はあまりみなくなってきていたのだけど…。

最近というか、木原さんと知り合い、夜中の電話を負担に感じるようになってから、寝つきが悪くなり、時々また怖い夢をみるようになって。
その夢には、今回みた夢のように、相手というか、私以外の人間が出てきます。
その人間がとても恐ろしいんです。

男性のことが多いですが、着物を着たおかっぱ頭の日本人形のような女性だったこともあります。

「12時過ぎたら、恋人からの電話にも出ずに、遠慮無く寝てしまう。だってルールで決めたことだから。」
と、きっぱりと割り切った態度に見えたかもしれないけれど、私なりに木原さんに対して、後ろめたさもありました。

寝入る寸前まで、「また深夜に木原さんから電話が来たらどうしよう、また出れずに嫌な気持ちにさせてしまうのだろう。」という気持ちに苛まれて。
家に居ても、12時までの間、いつ電話がかかってきても出なくてはいけないのもプレッシャーで。

安眠できなかった。
ゆっくり休めなかった。

ごめんなさい。
やっと。やっと休める。
木原さんと離れられて、ほっと一安心している自分がいます。

     

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

 - 婚活, 私について

ad

ad

     

          

  関連記事

たくさんの花
「変わりましたね」は褒め言葉?

先週、新しく勤める予定の会社へ、また行ってきました。 東京事務所の責任者である山 …

水に浮かぶ桜
教えてくれてありがとう、と言いたい

お見合いパーティーで、目の前に座った男性が、何やら言いにくそうに話しかけてきまし …

水に浮かぶ桜
また会いたいという気持ち(亀田さん2)

男女各50人以上の大型お見合いパーティーで、私に話しかけてくれた亀田さん。 亀田 …

生涯独身の覚悟を持つ③

お金は大事です。 婚活をする上でも、今後一生結婚できなかったことを想定した上でも …

結局宙ぶらりんのまま

先週の土曜日に、木原さんと1ヶ月ぶりにお会いして。 お互い素直な気持ちはお話でき …



PAGE
TOP