ハゲで鬱で無職ですけど婚活してます

全頭脱毛症・鬱病・無職の3重苦をかかえて婚活をしている女のブログです

      

木原さんと再び話し合う④

   

      

私は深呼吸して、心を落ち着かせて、木原さんに言いました。

「私は、お互い合わないし、苦しいから、お別れした方がいいと思っています。」
「別に、別れるなら別れるでいいけど、苦しいって何が?エリコさん、負担なこと、無理したくないこと、全部自分の思う通りにしているじゃん?(笑)」
「……。」
「他に何か、我慢していることがあった?」
「……。」
「夜中の電話にも出ないし、面倒だからおやすみのメールもたまにでいいや。そうやって自分のペースでやっているだろ?それで何が苦しいのか、俺はよくわからないよ(笑)。」

「うまく言えないんですけど…。でも、苦しんです。木原さんに合わせられないことも、それで木原さんに迷惑かけていることも、木原さんがそれで嫌な気持ちになっていて……、私のせいで、そういう嫌な気持ちになっちゃったんだなって態度を出されることも、苦しいんです。」

「俺、そんな態度出してる?」
「はい…。会っている時は優しくしてくださっていますけど、電話では、言葉がきつくなっていて、いらいらしているんだなって感じます。」
「そうだったかな……。」
「私のせいでいらいらさせていると思うと、苦しくなります。お互い、相手に合わせるのは無理があるのだと思うんです。」
「……。」

「木原さんがおっしゃる通り、私が頑固だから…。私にもっと柔軟性があって、木原さんの希望に合わせられたら良かったのに…と思いますけど、でも…。」

「エリコさんの、そういうところ、ずるいよね。そうやって控えめそうなこと言って(笑)。」
「……。」

「そう、そっか。わかったよ。じゃあ、別れようか。」
「……。」
「じゃあ、もう、さようならだね。今までありがとう(笑)。」
「いえ、こちらこそ、色々とすみませんでした。」

そして、すぐにお店を出て、お店の前でお別れをしました。

木原さんは、最後まで笑顔でした。

私の婚活は、また振り出しに戻りました。

     

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

 - 婚活

ad

ad

     

          

  関連記事

天国から地獄へ

シャワーから出てきた横井さんは、Tシャツと短パンに着替えていました。 こうやって …

スマホを操作する手
誠実ってなんだろう?

きのうの、「横井さんと付き合いながら婚活も続ける」という記事に、批判のメッセージ …

椅子に座り本を読む男性
男性の下心

男性の下心ってどうやって見抜くのだろう? 横井さんが下心だけで私を誘っているのか …

やっぱり脱毛症が最大の壁でした①

最後に会って聞いた話は、やはり、予想どうりの話でした。 五十嵐さん自身は、私の過 …

鳴らない携帯 スマートフォン
恋愛脳を育てる

このゴールデンウィーク中に、大竹さんと3回目の面会の約束をしていました。 実は4 …



PAGE
TOP