ハゲで鬱で無職ですけど婚活してます

全頭脱毛症・鬱病・無職の3重苦をかかえて婚活をしている女のブログです

      

木原さんと再び話し合う③

   

      

「こう言っちゃなんだけどエリコさんって、大人しそうで控えめそうに見えて、結構頑固だよね(笑)。」
「……。」
「電話のことも、もっと柔軟に対応してくれると思ってたけど、自己を貫くもんな(笑)。」
「……。」
「最初は優しい人だなって思ってたけど、実は冷たいし。前は夜中の電話に出てくれなくても、朝にメール返してくれたりしたけど、それもほとんど無くなったし…。正直、やっぱり冷たいなって思うよ。」
「ごめんなさい……。」
「いいよ、別に。俺が夜中に電話かけるのは、ルールに反してるからね。でも、これがエリコさん流の付き合い方なんでしょ?付き合っている相手の電話をスルーするのも、エリコさんはOKとしてるから、そうするんだよね?」
「……。」
「エリコさんがこういう距離感がいいから、こうなってるのだと思うけど。」
「……。」
「で、エリコさんは、どうしたいの?」

こんな感じで、畳み掛けるように言われてしまいました。

でも話し方は柔和なまま。
顔もニコニコと、笑顔のままです。

「俺は正直、合わない部分が多いし、別れた方がいいかなって悩んだこと、何度かあるよ。」
「……。」
「でも、せっかく出会って、お互い何かしらピンときて付き合うことになったのだから、多少合わないところがあっても、頑張ってみようって思ってるけどね。」
「……。」
「今の距離感は、俺なりにエリコさんに合わせているつもりだけど。」
「……。」
「でもエリコさんが頑張りたくないのなら、仕方ないね。」
「……。」
「黙っているとわからないよ。どう思っているか言いなよ?」

いつもそうなるように、頭がパニックになり、言葉が全然出てこなくなったのもありましたけど。

木原さんが次々とお話されて、こちらに口を挟む隙が全く無かったのも事実です。

それほど木原さんは、落ち着きをはらった笑顔で、すらすらとお話されていました。

私は深呼吸して、頭を落ち着かせて、言いました。

「私は、お互い合わないし、苦しいから、お別れした方がいいと思っています。」

     

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

 - 婚活

ad

ad

     

          

  関連記事

男性の口元
イライラさせる私が悪いのか?

ぶっきらぼうな男性・高瀬さんと、3回目の面会へ行ってきました。 (→ぶっきらぼう …

壁を乗り越えようともがく①

五十嵐さんの住む街から自宅へ戻り、私は一応五十嵐さんにメールを送りました。 「無 …

iphoneを持った女性の後姿
初めての電話

横井さんとのことがあってから、すでに10日もたってしまいました。 時間がたつのが …

五十嵐さんと私に立ちはだかる壁⑤

お店での食事を終えて、私と五十嵐さんは、五十嵐さんの一人暮らしの部屋へ戻りました …

水に浮かぶ桜
会話に困る…(田中さん2)

前の記事から10日以上もたってしまいました。 こちらの続きになります。 初めて行 …



PAGE
TOP