ハゲで鬱で無職ですけど婚活してます

全頭脱毛症・鬱病・無職の3重苦をかかえて婚活をしている女のブログです

      

脱毛症を治すために自分でしていること①

   

      

記事にわかりにくい箇所があり、質問のメールをいくつかいただいたので、加筆・訂正し、再掲載します。

□■□■□■□■

しつこいほど書いていますが、私は現在、脱毛症の治療のために病院へは通っていません。
過去に2度、病院(皮膚科)に診察に行きましたが、その時にも治療で何度も通うことはしなかったです。

その理由や経緯などは、こちらの記事に記述しています。
(1度目は最初に脱毛症になった時。→脱毛症になってから-1
(2度目は約5年後。→全頭脱毛症の治療はとにかく早く始めたほうがいい?

そして、病院での治療の代わりに選んだのが、鍼灸院での治療でした。
(→脱毛症の治療になぜ鍼灸治療を選んだのか?

鍼灸院へ通っていた頃は、かなり髪が再生し、頭全体の3分の2くらいは生えてきました。

残りの3分の1は、全く毛根も見えないつるつるの状態だったので、カツラを取れるまでには至りませんでしたが、かなり希望を持ちました。

残念ながら治療院が閉院することになり、治療が途中のまま終わってしまい、しばらくしてまた髪は抜けていったのですが。
あのまま治療を続けていたら、つるつるの部分にも定期的に鍼とお灸の刺激を与え続けていたら、もしかしたらもっともっと再生したかもしれない。
完治したかもしれない。

そういう思いは、やはり、ずっと心の中にあります。

髪が再生したのが、必ずしも鍼灸治療の効果だったのかどうか。
そこは証明しようがないのでわかりませんが、私には鍼灸治療が合っていたように感じてます。

前置きが長くなってしまいましたが、そういった考えから、私は鍼灸院へ通院しなくなってからも、頭皮への熱の刺激ツボの刺激を自分自身で日常的に行っています。

自宅でお灸

まず、お灸をしています。

鍼灸院でお灸をしてもらい、単純にとても気持ちが良かったので、始めました。
鍼灸院に通っている頃に、鍼灸の先生に「家でお灸をやる注意点」などを教えてもらいながら始めて、もう5年以上続けています。

こういった家庭用のシール式の商品を楽天などの通信販売で購入し、頭の毛が無いつるつるの部分にやっています。

千年灸なども同様ですが、「間接灸」と呼ばれるこの形のお灸には台座があり、火のついたもぐさの部分が直接肌に触れることがありません。

台座は、六角形で中心に穴があいています。
台座の中心にあいた穴から、もぐさの熱が伝わりますので、火を点けた直後よりも、燃え進んで短くなっていくにつれて熱さが増し、最後に燃え尽きる頃が1番熱くなります。
最初はじんわりと温かくなって、最後はきゅっと強めに熱く感じ、癖になる気持ち良さです。

お灸の1つ1つは指先ほどの大きさです。

シートから外し台座部分を持ち、上部にライター等で火を点け、煙が出てくるようになったら慎重に頭に貼り付けます。
底部分がシール状になっているので、側頭部などの斜めになっている部分にも、貼り付けることができます。

私の場合、耳の周囲からこめかみにあたる部分が皮膚感覚が鈍く、こっていて、グリグリと強く揉むと気持ち良いので、その部分にお灸を貼ります。

他にうなじや前頭部分などにしています。
正式なツボは意識せず、自分が気持ち良いと感じる箇所に貼っていますが、「百会(ひゃくえ)」と呼ばれる頭頂部中心のツボだけは、意識して貼るようにしています。

私個人の感じ方としては、皮膚感覚が鈍い所(=脱毛していてなかなか生えてこない箇所)ほどお灸が気持ち良く感じられ、正常な感覚の箇所(例えば足のツボや、こっていても肩など髪と関係ない箇所)は結構熱く感じます。

同じお灸でも、場所によっては耐え切れないほど熱く感じられたり、水ぶくれしたこともあるので、本当に皮膚の感じ方は場所によって一様ではないようです。

家庭でお灸をするにあたって私が気をつけていること

・できるだけ左右対称にする。
・お灸の前後1時間は入浴しない。
・火が消えた後も熱が完全に冷めるまで貼ったままにしておく。

こちらの3つの事項は、鍼灸院で治療していた時に、先生から教わった注意点です。

左右対称にお灸をするのは、例えば「左肩に貼ったら、対称部分にあたる右肩にも貼る」「右側頭部に3個貼ったら、左側頭部にも3個貼る」というようなことです。
これは、体に熱・刺激といった負荷を与えるのに、身体のバランスやツボとして、そうすることが好ましいとのことです。
(曖昧な表現で申し訳ありませんが、きっと東洋医学的なちゃんとした理由があるのだと思います。)

入浴に関しては、肌への刺激・低温火傷などを考慮してのことだと思います。

お灸が冷めるのを待つのは、お灸の煙や成分は、火が消えた後もしばらくは皮膚に作用するからと教えていただきました。

・耐えられない熱さだったら我慢せずにはがす。

実際に火が点いているお灸は熱いですから、手ではがすのも結構きついのですが(指先は特に神経が敏感ですからね)、そのまま施術したままだと火傷になってしまうこともあるので、厚手の手袋か何か用意して、熱さをみて、いつでも手ではがせるようにしておいた方がよいと思います。

ちなみに私は、熱くてもそのまま最後まで我慢してしまいます。

・同じ日に同じ場所にはしない。(少しずらしてやるのはOK)

全く同じ箇所に続けてお灸をすると、低温火傷のおそれがあるので、やってはいけません。
私はこめかみに1回で3~4個貼りますが、重ならないようにしています。

2個火を点けて貼って、消えたらそのままの状態にして、その周囲にまた火を点けたのを2個貼る、という具合にずらして貼っています。

なにはともあれ、最も注意すべきなのは、やはり「熱さ」ですよね。

いくら間接的な熱とはいえ、予期せぬ火傷や苦痛に感じるほどの熱さは良くありませんから…。

とはいえ、脱毛症で、頭部にコリや皮膚感覚が鈍い箇所があり、げんこつ等でゴリゴリと揉むと気持ち良いと感じる方や、カツラで頭痛や気だるさを感じている方には、自宅で手軽にできるお灸はおすすめです。
本当に気持ち良いので、私は可能なかぎり、毎日でもしたいくらいです。

頭やこめかみのあたりがすっきりして、軽くなるように感じます。
そして、熱で頭皮や毛穴やツボに刺激を与えて、毛根の再生を促進していると信じています。

商品によっては、熱さも段階が選べます。

熱さの感じ方は個人差があるので、ソフトなものからお試しされることをお薦めします。

私は送料無料のところでまとめ買いをしています。(熱さは「ハード」を選んでいます。)

     

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

 - 全頭脱毛症の治療

ad

ad

     

          

  関連記事

全頭脱毛症の女性の頭
脱毛症の治療になぜ鍼灸治療を選んだのか?

全頭脱毛症になった私が、外部で試した唯一の脱毛症の治療方法。 それは鍼灸(しんき …

錠剤と体温計
病院で脱毛症の治療をしない理由-1

脱毛症の治療について時々、 「なぜ治療をしないのですか?」 「婚活より先に、病院 …

脱毛症の頭
脱毛症治療についての新情報いろいろ

ブログを読んでくださっている方からいただいた、「私はこういう治療をしています」「 …

全頭脱毛症
髪が生えた

10年前、全頭脱毛症の治療をしないことを選んだ私ですが、でもそれを後に少し後悔し …

全頭脱毛症-部分的に生える
続々と生えてくる【今日の頭(2017/02/03) 】

発毛の周期に入ったのか、頭のあちこちから生えてきています。 一旦、ちゃんとした髪 …



PAGE
TOP