ハゲで鬱で無職ですけど婚活してます

全頭脱毛症・鬱病・無職の3重苦をかかえて婚活をしている女のブログです

      

別れを考えている

   

      

結局のところ、木原さんとはお別れした方がいいのだろう、と思っています。

お付き合いした時から、ずっと。
お付き合いする前からも、すでに雲行きも怪しかったですし…、ね。

でも、私は自分からはなかなか言い出せないのです。
未練というと少し違うけど、「せっかくお付き合いに進んだのに。」「私にとって数少ないチャンスなのに。」と思うと、自分から男性をきっぱりと断ち切るのは、勇気がいります。

木原さんに色々思うところはあるのですが、「特定の人がいる。」という安心感も、少なからずあるのです。
テレビ電話で監視されているような感覚も、煩わしいと思う一方で、束縛が少し心地良いように感じたり…。

この「結婚に繋がりそうにないけど、お付き合いをしている相手がいる。」という状態は、なかなかやっかいですよね。

今のパートナーを信じて、辛抱強く待つか、潔く断ち切って、次へ行くか。
見極めなくてはいけない。

「別に結婚に進まなくたって、今、このお付き合いを楽しめばいいじゃない。」
そういう考えが浮かんできては、かき消して。

少し前なのですが。

別れ話になってもいい。
むしろ、これで木原さんから別れを言い渡されたら、それで晴れて次へ行けるじゃないか。

そう思って、木原さんに聞いてみたのです。

「結婚するなら、いつくらいと考えていますか?準備もあるし、そろそろ動きますか?」

プロポーズもされていないのに、こんなことを自分から言うのは、ものすごく恥ずかしかったです。

「もちろん結婚はちゃんと考えているけど、時期はまだまだ未定。そこは自分にまかせて欲しい。」

「あまり時間をかけると、私は子供産めなくなってしまいます。子供は欲しくないのですか?」
「子供はできなきゃできないで、いいと思う。絶対欲しいとは思っていない。そのために結婚を急ぐのは嫌だ。」
「半年とか1年とか、どれくらい後なのか、目安として教えてほしいです。」
「自分の中では何も決めていない。全てこれから考えることだから、なんとも言えない。」

予想はしていたのですが、良い言葉はもらえなかったです。

木原さんのこの対応。

まだ付き合ったばかりだから、これが当たり前なのか。
それとも婚活で知り合っているわりには、はっきりしないから不誠実なのか。
どっちなのだろう?

背中合わせの恋人達

どっちにしても、やっぱりお別れする方向で考えています。

このまま付き合いを続けても、木原さんとは心が通い合う感じがしないのです。
だから、脱毛症のカミングアウトもできそうにないですからね。

     

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

 - 婚活

ad

ad

     

          

  関連記事

五十嵐さんと私に立ちはだかる壁④

「あなたが嫁に相応しい人物かどうか判断するために、身辺調査をするかもしれない。」 …

合コンに誘われました

この4月から職場に新しく来た、派遣の鈴木さん。 彼女は恋愛・結婚に向けて、精力的 …

疑念

何事も、自分の考え方や価値観を基準にしてはいけないと思っています。 世の中には色 …

アプローチすべきか否か

前回書いた内容までが、工藤さんとの出会いから現在のまでの状況です。 今は、これ以 …

無表情な男の石像
大竹さんから来た最後のメール

大竹さんから突然来た、数々のメール。 「もうお会いすることはないと思います。」 …



PAGE
TOP