ハゲで鬱で無職ですけど婚活してます

全頭脱毛症・鬱病・無職の3重苦をかかえて婚活をしている女のブログです

      

日々の連絡についてのルール

   

      

木原さんとお付き合いするにあたって決めた、日々の連絡についてのルール。
それは主に、スマホの「テレビ電話」を使ったものでした。

・夜、私が寝る前に、必ずテレビ電話でおやすみコールをすること。
・夜12時までは、いつ木原さんからテレビ電話がかかってきても、必ずでること。

木原さんは、たぶん昔、彼女か誰かに浮気でもされたのだと思います。
それで自分の目の届かないところで、恋人が何をしているのか、すごく気になるようなのです。
心配症なんですよね。

実際に私は毎日、ちゃんと家にいるので、いつ電話がきても構わないし、毎日のおやすみコールも嫌ではありませんでした。

テレビ電話がかかってくると、カツラを最速で着けなくてはいけないし、やはり部屋着や素顔にも気を使います。
そのへんは多少煩わしいと思いましたが、まだ最初は良かったのですよね。

新しい部屋着を買って、すっぴんに見えるような薄い化粧なんかして、そわそわして電話を待ち、自分からもおやすみコールをかけました。
慣れないテレビ電話でしたが、顔を見て話しをするのは非日常的な体験のようで、楽しかったです。

木原さんも、最初は満足そうにしていました。

でも、それで順調だったのは最初の1週間くらいでした。

いつだったか、電話中に木原さんがこう求めてきたんです。

「お風呂場やトイレに誰か隠れていない?電話を持って行って見せてくれる?」
「クローゼットあけて見せてくれる?」

心配症も、ここまできたら大変ですよね…。

もちろん私はやましい事なんて何も無いので、お望み通り電話で見せて安心してもらいましたけど、心中穏やかではありませんでした。
部屋を隅々まで見せなくちゃいけないなんて、やましい事が無くても、窮屈な気持ちです。

一方、木原さんは木原さんで、お仕事中にいつでも私のおやすみコールにでられるわけでもなく。

タイミングが悪く電話でお話できない日が続いたら、それだけでお付き合いのモチベーションが、あからさまに下がるようでした。

木原さん、結構難しい人なんだと思います。

     

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

 - 婚活

ad

ad

     

          

  関連記事

ジェットコースターよりコーヒーカップに乗りたかった

皆さん、お盆休みを楽しんでおられるのでしょうか? 私も昨日の木曜から、4連休に入 …

五十嵐さんファイナル④

五十嵐さんから届いた長文のメールには、このようなことが書かれていました。 「父親 …

工藤さん、五十嵐さん⑤

23時を過ぎたので、いよいよお店を出ることになりました。 レジの前で、私は支払い …

悪夢

夜になって、さすがに「このままにしておくのは良くない」と思い、やっと私はこう返信 …

飲み物を手にする男性
大竹さんをイライラさせた最初の原因

大竹さんが最初に「変な態度」を見せたきっかけになったのは、私がスマホを壊してしま …



PAGE
TOP