ハゲで鬱で無職ですけど婚活してます

全頭脱毛症・鬱病・無職の3重苦をかかえて婚活をしている女のブログです

      

木原さんと決めたルール

   

      

価値観の違いから微妙な雰囲気になり、「首の皮1枚」ほどの可能性だった木原さんと、4月末にお会いしました。
会うことになったのは、私から送ったメールがきっかけでした。

しばらく様子を伺っていたのですが、連絡も以前よりは全然こなくなったので、もう誘われることは無いだろうと思った私から、けじめをつけるために送ったメール。

「木原さんとの時間、楽しかったです。色々とありがとうございました。木原さんが素敵な女性と出会われることを願ってます。」

このような内容で送ったのですが、木原さんからはこんな返信がきました。

「もう1度会って話し合いましょう。」

そして会って、話し合って、最終的にはお付き合いすることになったのです。

1月に婚活イベントで出会って、コンスタントに面会を重ねて、うまくいっていた頃にも「お付き合いしましょう。」などと、決定的なことはなかなか言ってもらえなかった。
木原さんは、お付き合いにはかなり慎重なのだと思っていたので、ついにお付き合いに進んだことは、単純に嬉しかったです。

お付き合いするにあたり、メールや電話の連絡手段の部分を話し合い、ルールが決められました。

お互いが嫌な思いをしないために考えた、ルール。

最初は良かったのですけどね。
そのルールが、今は2人ともを、窮屈で不自由な気持ちにさせているような気がします。

お互い「いいな。」と思って、少しずつ近づいていっていた頃は、良かったな。
「あと数歩で手が触れて、胸に飛び込めるのに。」という所で、いつもつまずきます。

     

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

 - 婚活

ad

ad

     

          

  関連記事

好きになってしまった

ボランティアで出会った男性は、工藤さんというお名前で、東北地方で自営業を営まれて …

水に浮かぶ桜
後悔先に立たず…(亀田さん6)

お見合いパーティーで知り合った亀田さんと、その後10日ほどメールを往復をして、誘 …

1ケ月ぶりにきた連絡

一昨日の土曜、五十嵐さんから電話がきました。 お別れして、ちょうど1ケ月たったば …

日々の連絡についてのルール

木原さんとお付き合いするにあたって決めた、日々の連絡についてのルール。 それは主 …

「俺からも聞きたいことがある」

「失礼なことを聞くようですが、横井さんは本当に私のこと好きですか?横井さんと私、 …



PAGE
TOP