ハゲで鬱で無職ですけど婚活してます

全頭脱毛症・鬱病・無職の3重苦をかかえて婚活をしている女のブログです

      

冷却期間を経て…

   

      

4月に入ったので、木原さんにまた、「新年度になりましたね。お仕事のほうは、落ち着きそうですか?」というような、お伺いのメールを送ってみました。

最近は返事も素っ気無いものだったのですが、意外にも、このような好感触な返信が来ました。

「落ち着いてきていますが、まだ少し忙しいです。でも今週の土曜は、夕方から空きそうなので良かったらご飯でもどうですか?」

iphoneを持つ手

あのまま終わってしまってもおかしくない、と思っていたので、誘っていただいて驚きましたが、嬉しかったです。
(→このまま終わってしまうのかな…
(→木原さんに要望を伝えてみた
(→頼ったり、甘えたり、できない
(→変わろうと思っても変われない性格

そして土曜日、約1ヶ月ぶりに、木原さんとお会いしてきました。

会う前は、「また気まずい空気になったらどうしよう?また怒られるような、厳しいことを言われたらどうしよう?」と色々と気に病み、不安もあったのですが。
会ってみると、木原さんは以前と同じ穏やかな表情をされていて、私はひとまず、ほっとしました。

例の電話の件について、お食事中、しばらくは話題にあがってこなくて。

私は、とりあえず電話に出なかったことは謝って、そのうえで毎日の連絡について、少しでもお話できれば…、と思ってタイミングをみていたのですが。
おだやかな木原さんを見ていたら、この空気を壊したくなくて、なかなか言い出せませんでした。

そうこうしているうちに、お食事もひととおり終わり、そろそろ店を出そうな雰囲気になった時、木原さんのほうからこんな言葉をかけてくださいました。

「この前は、ごめん。エリコさん、体調悪かったんだよね。なのに電話をしつこくかけちゃって…。自分勝手なこと言って…。」

木原さんは、顔を赤らめて、苦笑いをしていました。

「私のほうこそ、ごめんなさい。」

私も謝って、それからものすごく言いにくかったけど、木原さんと毎日連絡を取り合うことは嬉しいけど、本当は自分は12時過ぎまで毎日起きていることが、つらいこと。
深夜に電話が来てお話しすることを、負担に感じていること。
夜中のいつ何時に連絡が来るかわからない、それに絶対でなくてはいけないという状況ですごすことが、精神的にプレッシャーになっていること。

など、話しました。

うまく言えたかわかりませんが、できるだけ言葉を選んで、木原さんを嫌な気持ちにさせないように、私なりに話したつもりです。

木原さんの表情を確かめる余裕は無かったけど、ちらっと見た時は、やっぱり固く、苦笑いをされていました。

     

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

 - 婚活

ad

ad

     

          

  関連記事

水に浮かぶ桜
お見合いパーティーの延長戦-2

お見合いパーティーのスタッフさんに声をかけられ、私ともう一人の女性は、また次のパ …

頼ったり、甘えたり、できない

「エリコさんは1人でいるのが好きな人なんだね。寂しいとか、人に何か頼ろうとか、甘 …

居酒屋料理
新しい出会いを信じたい

木原さんは、私を待っている間に、携帯で付近のお店を調べていてくれていたみたいです …

水に浮かぶ桜
シャイな人(斉藤さん1)

婚活で、田中さんの次に出会ったのは斉藤さんという方です。 →田中さん 35歳で、 …

別れるべきなのに体が動かない

木原さんとお別れする時期について考えています。 さっさとお別れするべきなのだと思 …



PAGE
TOP