ハゲで鬱で無職ですけど婚活してます

全頭脱毛症・鬱病・無職の3重苦をかかえて婚活をしている女のブログです

      

変わろうと思っても変われない性格

   

      

木原さんから「1人が好きなんだね。」と電話で言われ、私が黙り込んでしまったから、木原さんも黙ってしまいました。
気まずい沈黙が続き、「何か挽回できる言葉を言わなくては…。」と思っていたら、電話の向こうから小さなため息が聞こえてきました。

「ごめん。きついこと言っちゃった。エリコさん、風邪ひいているのに、困らせてごめんね。」

「こちらこそ、ごめんなさい。」
「明日からもまだ仕事忙しくて、帰りもたぶん遅くなるし。もう遅い時間は、電話かけないほうがいいよね(苦笑)。」
「……。」
「大丈夫。別に怒ってないから(苦笑)。じゃあ、今日は電話、これで切るね。」

こちらが返事をする前に、電話は切れてしまいました。
「怒ってない」って言ってたけど、明らかに今までとは違う。

スマホを操作する手

それから、電話はかかって来なくなりました。
こちらからメールはして返事は一応来るけど、でも文面も冷たく感じます。

うまくいってたはずなのに。
私、どこで間違っちゃったのかな…。

もっと早く、「電話は毎日だと負担です。」と言えば、もっと違ったのでしょうか。
「本当は12時くらいには寝たいです。」って最初から素直に言っていれば、違ったのでしょうか。

「体調が悪い。」なんて、嘘ついて、誤魔化そうとしたから、罰が当たったのでしょうか…。
「木原さんは性格は勝手だけど、容姿が魅力的。」なんてブログに書いたから、「会う予定が無い方が気持ちが楽。」なんて高飛車なことを思ったから、神様に見捨てられたのでしょうか…。

木原さんは、きっと寂しがり屋で、日々の色んなことを会話して、共有したい人だったのだと思います。
時間が遅くなっても、相手の声を聞いて、「今日はこんなことがあったよ。」って話したい人。

私はそれに気がついていながら、それでもあえて、距離を取ろうとした。
いや、距離を取ろうとしたつもりは無いのだけど、でも3日間も電話に出ないという行動は、木原さんにはそう見えてしまったのだと思います。

私の自業自得なんだろうなって気がしています。

距離感がわからないのです。

前にもどこかで書いたかもしれないけど、女同士でも、男女関係でも、濃密な関係を築くことが苦手なんです。

全くの他人から、お互いに興味を持って、少しずつ相手を知っていく過程は、素晴らしいと思うし、楽しいし嬉しいです。
それから色んなことを会話して、お互いのことを理解して、信頼関係を築いていきたいって、その先に交際や友情や結婚があるんだって思うのですけど。

あまりそのスピードが速かったり、べったりした関係を求められると、対応できなくなる自分がいます。
仲良くなりたいっていう気持ちと、あまり踏み込んで欲しくないって気持ちと、両方があって。

私の心の問題なのだと、思います。
心の壁が厚すぎる。

うなだれる女性の後姿

4月になって、仕事がひと段落ついたら、木原さんは連絡をくれるのでしょうか?
それとも、もう終わったほうが、お互いのためなのかな…。

     

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

 - 婚活

ad

ad

     

          

  関連記事

1ケ月ぶりにきた連絡

一昨日の土曜、五十嵐さんから電話がきました。 お別れして、ちょうど1ケ月たったば …

五十嵐さんと私に立ちはだかる壁④

「あなたが嫁に相応しい人物かどうか判断するために、身辺調査をするかもしれない。」 …

水に浮かぶ桜
突然の出来事…

まだ、「横井さんと携帯を直しに行った話」や「大竹さんと連絡がつながった時の話」な …

先生を誘ってみました

幼稚園の先生を面会へ誘ってみました。 といっても「面会しませんか?」とはさすがに …

うなだれる女性の後姿
新しいことを始める

休みの日は、ずっと家にいたい。 外に1歩も出なくていい。 誰とも会わなくていい。 …



PAGE
TOP