ハゲで鬱で無職ですけど婚活してます

全頭脱毛症・鬱病・無職の3重苦をかかえて婚活をしている女のブログです

      

上原さんとやっと終わりました

   

      

お久しぶりです。
更新が1か月も開いてしまいました。

もしご心配をおかけしてしまったなら、申し訳ありませんでした。

もう何週間か前ですが、進行形だった上原さんと終了しました。

上原さんのことを受け入れたいし支えたいと思いながら、その重圧や、お相手の話を完全に信用しきれない気持ちがあった私ですが、心は着々とお断りのほうへ進んでいました。

でも完全にお断りしてしまう前に、もう1度だけ、上原さんに会ってみようかな…、という思いもあって。

夜中の鬱々としたメールが来るようになってから、1度もお会いしていませんでしたし、ああいった病んだ内容のメールは、察するに寂しくて関心を寄せてほしい表れであって、直接会えば安心して、案外普通にしてくるのかもしれないな、と思ったのです。

「ああいったメールを送ってくる真意を知りたい。」
「上原さんの奥様の話が真実なのかどうか知りたい。」
という好奇心というか、下世話な気持ちも少なからずあったのでしょうね。
だから決着をつけず、ずるずると引きのばしにしてしまったのかもしれません。

なので、ある週末に向けて、お会いする方向でメールで話を進めていたのです。

私はなんとなく、昼間に会うつもりでいました。
前回2人きりで初めてお会いしたのは夜に居酒屋で、でしたが、上原さんに対して警戒心を持ったのか、無意識に、当然のように昼間に会う段取りをしようとしていたのです。

ところが、上原さんのほうは、
「前回が夜だったのだから、今回も夜に会いたい。
そしてできれば食事後に自分の自宅に来て、自分が妻の妄想や幻覚でおかしなことをしないよう、付き添っていてほしい。」
というような主張をされて…。

困っちゃいますよね…。
なんかおかしいなあ、と思わざるをえなくて…。
「どんなお相手でも、どんな事情があっても、この段階でご自宅へあがるのは私はまだ無理です。ごめんなさい。」
と、さすがにお断りしたのですが。

ずるいのですよね、上原さん。
そういうお断りのメールをすれば、また「妻の亡霊に追い詰められて、自分は死んでしまうのではないか…。」というような、悲痛な文面の返信がきて。

こちらももう返信のしようがないので、悩んで保留にしたまま、その週末は会わずに過ぎていきました。

そしたら翌週の中頃に、上原さんからこのようなメールが届きました。

「週末、エリコさんとお会いできなかったので、違う女性と会って、家で夜中まで付き添ってもらいました。おかげでその夜は安心して眠ることができました。もちろんその方とは何もやましいことはありません。エリコさんに信用してもらえず、優しくしてもらえず、悲しいです。」

これを読んだ時、「ああ…、上原さんとはやっぱり解り合えないし、もう終わりだな。」と思いました。

私がうだうだ悩んでいる間、上原さんは他の女性ともコンタクトをとり、夜中付き添ってもらえるよう、私にしたのと同じように、助けを求めるメールを送っていたということですものね。

私、「自分が助けてあげなきゃ!なんとかしてあげたい!」なんて思っていたけれど、私達はまだお付き合いしていないわけで、上原さんが何人と同時進行しようと、当然責められることではない。
それはわかっているのですが…。

過去の悲しい身の上話のこともあって、なんだか上原さんという人が、どういう思考をしていて何を目的にそのような行動をとるのか。
鬱々としたメールもそうですが、人を心配させるメールも、他の女性をほのめかすメールも、どのような気持ちで送ってきているのか。
やっぱり全てが虚言なのか。駆け引きなのか。
全くわからなくて。

最後、「その女性とうまくいくことを祈っています。上原さんに平穏で幸せな毎日が訪れますように。」
とメールを送り、やっと終わりにすることができました。

なんだかとても疲れました。

もっとも、自業自得なのですけどね…。

上原さんが奥様の話をされた時、運命の出会いのように感じ、その悲しげで暗く儚い様子に、自分自身を重ねて、思い入れを強くし過ぎてしまったのかもしれません。

ブログに「その男性はあやしいから、やめておいた方がいいですよ。」というメッセージをくださった皆様、アドバイスをありがとうございました。

     

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

 - 婚活

ad

ad

     

          

  関連記事

水に浮かぶ桜
芸能人だと誰に似ている?

「芸能人だと誰に似ていますか?」 この質問、本当に苦手です。 実は1年くらい前に …

脱毛症だと知られたくない

「また1から、前向きに婚活を頑張ります。」 と宣言したものの、正直、気持ちは重い …

携帯電話を見る女性
木原さんの気になるところ-2

昨日は「木原さんから毎日電話がきて、負担に感じてきている。」ということを書きまし …

全頭脱毛症の画像
頭が固くて申し訳ない

ここのところ、コメントの承認以外では全くブログにログインすることなく、過ごしてい …

頼ったり、甘えたり、できない

「エリコさんは1人でいるのが好きな人なんだね。寂しいとか、人に何か頼ろうとか、甘 …



PAGE
TOP