ハゲで鬱で無職ですけど婚活してます

全頭脱毛症・鬱病・無職の3重苦をかかえて婚活をしている女のブログです

      

生涯独身の覚悟を持つ③

   

      

お金は大事です。

婚活をする上でも、今後一生結婚できなかったことを想定した上でも、お金はきっと私の支えになってくれるでしょう。

しかも、いくばくかのお金では意味がありません。
生涯独身でも大丈夫と思えるくらい、将来的な不安がなくなるくらい。
ある程度まとまったお金が必要です。

ユーロ紙幣の札束

金銭的に余裕が無い中で生きていこうとすれば、きっと金銭的に依存できる相手を探そうとします。
家族を頼れない私は、婚活でそれを求めてしまうでしょう。

「金銭的な依存」

これが「精神的な依存」に加われば、さらに婚活の相手をきちんと見極めることができなくなってしまうと思うのです。

結婚さえしてくれるなら、決して誰でもいいというわけじゃないのです。
良くない相手と良くない結婚をしてしまったら、先輩の時の二の舞になり、また再びどん底に落ちかねません。
それでは意味が無い。

金銭的に不安があれば、1人じゃ生活できないからって、意地でも誰かの庇護を受けようとしてしまう。
きっと色んな難を見ないふりをして、自分を誤魔化してでも、結婚してくれる相手を探してしまう気がします。

そして、人というのは自分のマイナス面が多ければ多いほど、それをカバーするために、相手に求める条件が増えていってしまうもののようです。

私は五十嵐さんの一件で、そう学びました。

私は金銭面でマイナス条件を自分に持ちたくはない。
「脱毛症を受け入れてくれる人」というただでさえ難しい結婚の条件に、さらに「私を養ってくれる人」という条件を加えたくはないのです。

そして、色んな条件を受け入れてもらうために、下に下に自分を置きたくはない。
脱毛症は今はどうしようもできないけど、せめて金銭面では、相手の男性と対等でいたい。

天秤

理想は、お相手の年収が300万円でも1000万円でも、変わらずに中身の誠実さや愛情の深さを見極められる余裕も持つことです。

「この人と一緒になって、本当に幸せになれるのか?」
「こんな結婚するくらいなら、ずっと独身の方がましではないか?」
冷静に判断するために、金銭的庇護を必要としない自分である必要があります。

私が今がんばれることは、婚活をしながらコツコツと経験を積むことと、お金を充分蓄えることです。

この先、結婚できる状況になったとしても、このまま独身のままで40代50代を迎えてしまったとしても。
お金はきっと、色んな不安を取り除いてくれて、私を助けてくれて支えてくれると確信しています。

私、お金を貯めることだけは、自信があります。
なにせ10年間、それだけに尽力して生きてきたようなものですから(苦笑)。

     

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

 - 婚活, 私について

ad

ad

     

          

  関連記事

夕日の中で握手する2人
別れの時

日曜に、横井さんから「今から会える?」と、メールがきました。 突然だったけど、覚 …

生涯独身の覚悟を持つ①

決して結婚をあきらめたわけではありませんが、「もしもこの先ずっと独身だったら…。 …

夜空に浮かぶ満月
怖い夜、不安定になる私

昨夜はあれから、ほとんど眠れませんでした。 いつもだったら、そんな時は睡眠導入剤 …

やっぱり結婚するらしいです

4月に熊本で震災があった時に、以前お世話になった東北のボランティア団体の方に、連 …

精一杯、私なりに話した

たどたどしくも、ここまで話して、私は一息つきました。 木原さんは、苦い顔をしなが …



PAGE
TOP