ハゲで鬱で無職ですけど婚活してます

全頭脱毛症・鬱病・無職の3重苦をかかえて婚活をしている女のブログです

      

やっぱり脱毛症が最大の壁でした①

   

      

最後に会って聞いた話は、やはり、予想どうりの話でした。

五十嵐さん自身は、私の過去も病気も受け入れたいと思ったが、家族に隠しておけることではないので、お父様に相談した。

そして案の定お父様が、「それは結婚は無理だ。」と反対された。

no

過去の婚約破談や流産のことはまだ、なんとか妥協できた。
五十嵐さんとお父様二人だけの胸にしまっておこうと思えば、きっとできたであろう。

けれど、脱毛症のことはそうはいかない。

お婆様を施設に入れたことと、お母様が発病したことで、今すでに一族から冷ややかな目で見られている。
さらに心の病は、遺伝的要素を指摘されることも多いそうで、お母様の子供である五十嵐さん達兄妹も発病を心配され、心無いことを言われたりしている。

今後、お母様を専門の施設に入れることも難しく、そして家に心の病を持った人を、増やすわけにもいかない。
後継ぎのことを考慮しても、絶対に。

例え私が心の病を今は克服していても、脱毛症が進行形ならばカバーできない。
五十嵐さんと結婚すれば、周囲に病気を隠しておくことは、まず不可能だ。

なぜなら美容室も病院も、家族の古くからのかかりつけがあり、そこに行っても分かってしまうし、行かなければ行かないで、それもまた不自然なことのだ。
商売をしている家同士の付き合いというのはとても大事で、五十嵐さんが結婚すれば、その妻も付き合いのある病院や美容室でお世話になるのが、この土地の信頼関係の証だ。

いずれにしても、変な噂をたてられては一族の恥となるし、商売に係る。

結婚相手は、心身共に健康な女性じゃないと困る。
それが結婚の絶対的な第一条件だ。
これだけは、ゆずれない。

五十嵐さんは以前にも結婚したい人をご両親に紹介したことがあるらしく、その時も女性が軽度の不眠症だということから、話がまとまらず破局してしまったそうです。

お母様は今はまだ病状が落ちついているものの、一時期は本当に大変だったらしく、今後もいつ悪化するかわからないし、老いを考えると楽観視できない。
お嫁さんの負担を考えると、やはり精神的に弱い人だときっとやっていけない。

その時の女性と破談になってから、もう数年もたっていて、五十嵐さんはいまだ独身のままで。
親戚が持ってきた縁談の話も色々あったけど、なかなか条件や好みが一致せず、逆にお母様のことを調べられて断られることも多いそうです。

なのでもしかしたら今回は、「ちょっとくらい気になる点があっても仕方ないね。いつまでも結婚しないわけにいかないから。」と、反対されないかもしれない。

五十嵐さんは、そう思ったそうです。

でもお父様は断固として反対され、結果、五十嵐さんはそれに従うしかなかった。

それならもう、仕方ないですよね。

     

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

 - 婚活

ad

ad

     

          

  関連記事

いつも後悔してばかり

「触らないで!」と思わず大きな声を出した私に、さすがの横井さんも険しい顔になり、 …

皆さん本当にありがとう

ボランティアの場所に戻ると、ハロウィンの催しも片付けも、完全に終わっていました。 …

新年の願い

今年も、1人ぼっちのアパートで新年を迎えました。 お節料理もお雑煮も食べませんし …

ただただゆっくり眠りたい

木原さんとお別れしたその日の夜、とても怖い夢をみました。 □■□■□■ 私は、古 …

夜の公園の街灯
案ずるより産むがやすし

緊迫した雰囲気になり、私の優柔不断さで横井さんを嫌な気持ちにさせたかと心配になっ …



PAGE
TOP