ハゲで鬱で無職ですけど婚活してます

全頭脱毛症・鬱病・無職の3重苦をかかえて婚活をしている女のブログです

      

壁を乗り越えようともがく①

   

      

五十嵐さんの住む街から自宅へ戻り、私は一応五十嵐さんにメールを送りました。

「無事に家に着きました。昨日と今日はありがとうございました。ご両親にもよろしくお伝えください。」

それに対する五十嵐さんからの返信は、またも、しばらく来ませんでした。

iphoneを持つ手

私も2~3日なら気にしないのですが。
(本当は気になっていますが、私も忙しくてすぐに返信できない時もあるし…、と思うようにしています。)

さすがに1週間音信不通だと、やっぱり「どうしたんだろう?」と不安になります。
「五十嵐さんとの結婚をなかば諦めた。」とはいえ、すぐにすっぱり諦められるわけでもなく、まだ期待があったのだと思います。

特にこの時は、ご両親との面会の直後でした。

ご両親の私に対する第一印象など、聞いてみたいし、もしかしてやっぱり猛反対にあって連絡を絶ってきているのだろうか?
もしや、早々と身辺調査の結果が出てしまったのだろうか?
駄目なら駄目だと、はっきり言ってほしい。

色々、とても不安になりました。

1週間を過ぎた頃、自分から1度電話をかけてみましたが、五十嵐さんはでませんでした。

結局、私がメールを送った11日後にやっと電話がきたわけですが、五十嵐さんはどうやら色々思い悩んだり不満があると、連絡を絶ってしまうようです。

この時は、五十嵐さん宅へ行って2日目に、私が予定より早めにさっさと東京に帰ってしまったことに、五十嵐さんは不満を感じたらしいのです。

「やっぱり田舎は退屈なのかな?と思った。あと、エリコさんのテンションが低くなっていたのも気になった。」

と言われました。

私と五十嵐さん。
お互いの考えていることが、全く噛み合っていないですよね。

私は五十嵐さんの住む街について、「田舎だ。退屈だ。」なんて、これっぽっちも思っていません。
私は今までも都会を満喫して暮らしていたわけではないし、そんな華やかな生活も希望していません。

それも、何度も何度も五十嵐さんに伝えています。
でも五十嵐さんは、そこがどうしても気になるようです。

田園

私が不安に思っているのはもっと別のことで、それをなんとかして伝えたいけど…。
でもそれをどう言葉していいのか…。

でも何か言わなきゃ駄目な気がして、私はご両親のことを話題にだしました。

     

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

 - 婚活

ad

ad

     

          

  関連記事

居酒屋料理
新しい出会いを信じたい

木原さんは、私を待っている間に、携帯で付近のお店を調べていてくれていたみたいです …

ブログを読む人々
カミングアウト論争はこれで最後です

昨日の記事、また反響がありました。 コメント欄を閉じていたので、メッセージをいく …

さらなる驚きの言葉

「もう、こっちで結婚しちゃえばいいんじゃない?」 電話で工藤さんにそう言われて、 …

ズシン!!!とのしかかる

出会って2回目にして、上原さんの過去の奥様との死別にまつわる悲しいご経験を聞き、 …

机の上のスマートホン
フェードアウトはしたくない

「今週末は用事ができてしまい、残念ですが、活動に参加できなくなってしまいました。 …



PAGE
TOP