ハゲで鬱で無職ですけど婚活してます

全頭脱毛症・鬱病・無職の3重苦をかかえて婚活をしている女のブログです

      

五十嵐さんと私に立ちはだかる壁⑥

   

      

翌日になり、五十嵐さんが車で市内を案内してくださいました。
といっても、それほど色々なものがあるわけではないので、ぐるっと市内を一周する程度です。

それから、五十嵐さんのおすすめのお店で昼食をとりました。

林道の車

「他に見るところも無いから、隣の市までドライブでもする?」
と聞かれましたが、疲れているからと言い、予定より早く帰らせてもらうことにしました。

駅まで送ってもらい、一人新幹線に乗って、やっと「ふぅー…。」っと一息。

心ここにあらず。
色んなことが頭をかけめぐって、そして脱力感におそわれました。

五十嵐さんと私は、お付き合いするまで、結構な時間をかけて話し合いました。

五十嵐さんは主に、「付き合ってから結婚までちゃんと進めるか。」と「お母様の足のことと同居について。」と「私が東京から東北の田舎町へ嫁ぐこと。」の心配をしていました。

あれは一体なんだったのだろう?

そんなこと以前に、あんなにご両親が手厳しいなら、ちゃんと教えてくれれば良かったのに…。
家柄や品格を気にするようなおうちなら、そう言ってくれないと…。

私の家が家族仲が良くなくて、親戚とのお付き合いもほとんど無いことも、知っているだろうに。
問題無いと思ったのだろうか?

一体、どういうつもりなんだろう?

そして、もし身辺調査が本当に行われたら…。

私は一体どうなるのだろう?
どこまでの情報が晒されるのだろう?

万が一、身辺調査がごく軽いもので、悪い情報が知られないで済んだ場合、ご両親は態度を軟化するのだろうか?

だとしても、私の病気は…。
脱毛症の事実は、どのタイミングで伝えればいいのだろう?
五十嵐さんにもまだ言っていないのに。

あのご両親が、こんな私を受け入れるだろうか?

目の前に、山のように大きな壁が、何重にも見えるようでした。

ロッククライミング

これを全て乗り越えて、結婚までたどり着くなんて、不可能に思えました。
いや、もし奇跡的にたどり着いたとしても、結婚は決してゴールではありません。

その先には、「ご両親との同居」というミッションが待っています。
そこに私の安住の場など、あるのだろうか?

昨夜、お母様に言われたように、そこには苦労や困難しかないように感じてしまった私は、根性無しでしょうか?

私はこの時、五十嵐さんとの結婚を、なかば諦めました。

     

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

 - 婚活

ad

ad

     

          

  関連記事

「土日は何してた?」

横井さんから電話がきて、「土日は何してた?」と聞かれました。 土曜はゆっくり起き …

1歩進んで2歩下がる

ご無沙汰しております。 ブログをお休みしている間にも、粛々と婚活は続けていました …

うなだれる女性の後姿
変わろうと思っても変われない性格

木原さんから「1人が好きなんだね。」と電話で言われ、私が黙り込んでしまったから、 …

工藤さん、五十嵐さん⑥

五十嵐さんとの食事を終えて、帰宅した私は五十嵐さんにメールを送りました。 「ホテ …

水に浮かぶ桜
お見合いパーティーの延長戦-3

女性から、婚活パーティーの話を色々と聞いているうちに、スタッフの方が戻ってきまし …



PAGE
TOP