ハゲで鬱で無職ですけど婚活してます

全頭脱毛症・鬱病・無職の3重苦をかかえて婚活をしている女のブログです

      

始まりと終わり

   

      

五十嵐さんとのことです。

五十嵐さんから言葉をいただいて、なんとか結婚を前提としたお付き合いが始まったものの、早々に終わりそうな気配がしています。
色々とうまくいきません。

結婚とは、本当に難しいものですね。

結婚指輪

特に、ある程度歳をとって、考えることがたくさんある者同士だと余計に…。
「好き」という感情だけで、勢いで結婚できたら、どんなに幸せか。

今、思っていること。

それは、私は自分に病気という大きな悪条件があるから、縁を持った男性の悪条件ならば、たいていのことは受け入れられると思っていました。
むしろ、そうしなければ自分は結婚なんてできないと思ってた。

何も悪い条件の無い男性だったら、私は釣り合いがとれないと劣等感を持って、申し訳ない気持ちになってしまう。
お互いにどうしようもない悪条件があって、それをお互いに誠意を持って受け入れることで、連帯感が生まれたり信頼関係が深くなるのではないか。うまくいくのではないか。

だから、たとえ相手の男性に普通では受け入れ難い何かがあっても、私は受け入れたい。

そう思っていたのですが、それは所詮は綺麗事なのかもしれませんね。

2人とも悪条件を持っていたら、乗り越えなければいけない壁は2重になるわけです。
そして悪条件を持っている男性だからといって、私の悪条件・病気を受け入れてくれるわけでもない。

私が受け入れても、相手の男性は、受け入れられないかもしれない。
いやむしろ、悪条件のある男性だからこそ、そのマイナス面を埋めるためにプラスの要素をたくさん持った、一点の曇りもない完璧な女性を求める可能性も大いにあるわけです。

女性の顔のイラスト

五十嵐さんとはそういった意味で、うまくいきそうにありません。
私はおそらく、五十嵐さんとそのご両親のお眼鏡には適わなかったのでしょう。

それはとても悲しいことですが、もう。仕方ないことですよね。
色々あるんですもの、私。

どんなに足掻いても、病気も過去も、消すことはできないのです。
受け入れてもらえないのなら、終わるしかないのです。

     

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

 - 婚活

ad

ad

     

          

  関連記事

水に浮かぶ桜
今度こそさようなら(亀田さん11)

時間をおいて、やっと少し冷静になりました。 亀田さんからの返信には、こう書いてあ …

水に浮かぶ桜
メールに必死!!(亀田さん3)

「今度、お茶でもどうでしょうか?」と、亀田さんから誘ってもらったものの、実際に会 …

「地方で婚活」はどうだろう?

今、考えていることがあります。 それは、東北地方への転居です。 きっかけは、やっ …

夕日の中で握手する2人
もう1つの決断

「お付き合いします。よろしくお願いします。」 私がそう言うと、横井さんはすごく驚 …

先生を誘ってみました

幼稚園の先生を面会へ誘ってみました。 といっても「面会しませんか?」とはさすがに …



PAGE
TOP