ハゲで鬱で無職ですけど婚活してます

全頭脱毛症・鬱病・無職の3重苦をかかえて婚活をしている女のブログです

      

私の家族、私の婚活③

   

      

「ゴールデンウィークに予定無いから、そっちに遊びに行こうかな?」

そう言って、会いに来てくれた五十嵐さんでしたが、その真意はどういうものだったのか、私にはわかりませんでした。

2日間一緒にいて、ホテルの同じ部屋に泊まったけれど、「男女のお付き合い」のような話は全く出てこなくて。

電話では私の両親の話などからの流れで、真剣な話も結構したのですが、直接会っていると中々そういう感じにはならず。
もちろん、私から話をきり出すこともできず…。

中学生の時にどんな歌手が好きだったかとか、友達とどんな遊びをしていたかとか。
普段、どんなテレビを見ているのかとか、芸能人の話とか。

あと他にどんな話をしたか、思い出すのに骨が折れるくらい、あまり内容の無い、軽めの話で終始しました。

それでもホテルで、2人が順番にシャワーを済ませた後、私はこの後に何かあるかもしれない。何か話があるかもしれない。

と、今後の展開にものすごく緊張しましたが、以前にも書いたように、特別な事は何も起こらずに終わりました。

ユニットバス

(余談ですが、泊まったホテルはビジネスホテルのツインルームで、バスルームはトイレと湯船が一緒のユニットバスでした。

シャワーを浴びる時は、浴室内でカツラははずして、濡れないようにタオルでくるんで置いておきました。
シャワーが終わり、体を拭いて、頭もちゃんとタオルで拭いて、そして汗が引くまでドライヤーを素頭に当てます。
汗が引いたら、またネットとカツラをかぶり、今度はカツラの髪の毛の表面を、少し水道水でパラパラと濡らします。

これで、お風呂あがりの濡れ髪っぽくなったと思います。
五十嵐さんも、特に変に思わなかったようです。

こんな小細工などせず、率直にカミングアウトできればいいのかもしれないけど、私にはまだその勇気はありません。)

五十嵐さんは、最後の帰り際も、簡単に「じゃあね。」とだけで、実にあっさりとしたものでした。

五十嵐さんの乗った電車が行ってしまって、ホームで私1人きりになった時。
なんだか、ものすごくもやもやしました。
なんだか、よくわからないな、って。

東京までわざわざ来てくれて嬉しかったし、2日間楽しかった。
でも、何だったのかな。
友達に会いに来たという、ただ、それだけということなのかな。

自分の中の、期待していた気持ちが恥ずかしくて、とても愚かに感じて、どっと疲れが押し寄せてきました。

     

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

 - 婚活

ad

ad

     

          

  関連記事

私のこと、本当に好きですか?

「付き合うのが無理だったらもう別れる?俺はどちらでもいいです。」 この投げやりと …

ボランティアもひと区切りかな…

あまりにもボランティア活動に注力し過ぎてしまい、ついに金銭的にきつくなってしまい …

秘めた爆弾②

その週末、五十嵐さんが東京まで来てくれて、まずお母様の病気についてお話してくれま …

1歩進んで2歩下がる

ご無沙汰しております。 ブログをお休みしている間にも、粛々と婚活は続けていました …

うなだれる女性の後姿
変わろうと思っても変われない性格

木原さんから「1人が好きなんだね。」と電話で言われ、私が黙り込んでしまったから、 …



PAGE
TOP