ハゲで鬱で無職ですけど婚活してます

全頭脱毛症・鬱病・無職の3重苦をかかえて婚活をしている女のブログです

      

工藤さん、五十嵐さん④

   

      

工藤さんのことが好きだということを、五十嵐さんに知られてしまった。

それまで、工藤さんのことばかり話題にしていた私と、それに合わせて、こたえてくれていた五十嵐さんですが。
その後は、お互い工藤さんの話題を避けるようになりました。

居酒屋の卓上

五十嵐さんは、まるでさっきの「工藤のこと、好きなの?」「はい。」の会話などなかったかのように、とても自然に違う話題をしてくれて。
どうしていいかわからず、居たたまれない気持ちになっていた私は、とても助かりました。

五十嵐さんが飼っている犬の動画を見せてもらったり、お友達の話を聞いたり。
工藤さんのことを必死に悟られないように探っていた時間より、よほど自然で、気の張らない楽しい時間を過ごすことができました。

私はそれを、五十嵐さんの優しさだと感じました。

気がついたら、時刻は22時半をまわっていました。

五十嵐さんは、今日はどうやって帰るのだろう?
実は会う前からずっと気にはなっていたのですが、なんとなく聞きにくくて。
(私は、帰りを促すようなことを、なんとなく自分からは言えない性質なのです。)

帰りの新幹線の時間になれば、五十嵐さん自身が動くだろうと思っていたのですが、五十嵐さんが動く気配はなくて。
最終の新幹線の時間は、たぶんもう過ぎてしまった。

夜の駅

このままだと、私自身の電車の時間もすぐに来てしまう。

こういうのって嫌ですよね。

私、以前の横井さんのこと(終電間際になかなか帰してもらえないことがありました。)もあって、勝手に色々警戒して、不安に感じてしまっていました。

そういった私のソワソワした感じが、五十嵐さんに伝わったみたいで、
「あ、もう時間かな?」と聞かれました。

「五十嵐さんこそ、新幹線ですよね?時間は大丈夫ですか?」
「あ、ホテルとったって言わなかったっけ?」
「今、初めて聞きました。」
「今日帰ると、会う時間ほとんど無かったから、ホテルとったんだよね。だから俺はまだ大丈夫だけど、エリコさんの時間は?」
「あと30分くらいで…。」
「そう。じゃあ、11時になったら出ようか。」

そうして、帰る手筈となりました。

     

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

 - 婚活

ad

ad

     

          

  関連記事

私の家族、私の婚活①

4月のことです。 母が乳癌の手術を受けると、実家から連絡がありました。 病院で告 …

秘めた爆弾②

その週末、五十嵐さんが東京まで来てくれて、まずお母様の病気についてお話してくれま …

私のこと、本当に好きですか?

「付き合うのが無理だったらもう別れる?俺はどちらでもいいです。」 この投げやりと …

水に浮かぶ桜
今さらだけど…(亀田さん8)

12月にメールでお断りされ、一昨日、記事も書き終わった。 →お断りのメール(亀田 …

背を向け合う男女
このまま終わってしまうのかな…

2日連続で、木原さんからの長電話を断った形になってしまった。 さすがに3日目もそ …



PAGE
TOP