ハゲで鬱で無職ですけど婚活してます

全頭脱毛症・鬱病・無職の3重苦をかかえて婚活をしている女のブログです

      

切なさと好感と…

   

      

工藤さんの紹介で、五十嵐さんという男性と3人で、ファミレスで会っている時のことです。

工藤さんが五十嵐さんに、こんなことを聞きました。

「五十嵐はさあ、そういえば…、いつから彼女いないんだっけ?」

手をつなぐ男女の影

こういう質問は、いらないんじゃないかな、と私は思うのです。

恋人いない歴というのは、気になるといえば確かに気になる点ですが、でも知ったからといって、余計な情報ではないのかな、と思います。

「いない歴2ヶ月」だと、「あ、つい最近までいたんだ…。」と微妙な気持ちになるし、だからといって「いない歴10年」(私ですね(苦笑))でも、きっとそれはそれで、かなり微妙な気持ちにさせちゃいますよね。
だからもし私が聞かれても、あまり答えたくありません…。

この時も、五十嵐さんが答えた後に、もしかしたら流れで私も聞かれるのではないかと、内心ひやひやしていました。

「いつからって、それは…。普通お前、こんな場で聞くか?(苦笑)」

「あ、駄目だった?(笑)じゃあエリコさんは…。」
「だからー!そういうのはプライバシーだから!無闇に聞くなよ、セクハラだぞ(笑)」

五十嵐さんのフォローにより、言わなくて良い流れになり、すごく安心しました。

何でも忌憚なく話し、男らしい性格の工藤さんと比べて、五十嵐さんは気配りのある、繊細なタイプなのかもしれません。
こういった会話の感覚は、工藤さんよりも五十嵐さんのほうが良いなあと思い、どんどん五十嵐さんに好感を抱くようになりました。

1時間半ほどお話しした後、工藤さんと私はまた、ボランティアの場所に戻ることになりました。

「じゃあ…。良かったら、2人で連絡先を交換したらどうかな?」
「……。」
「あ、じゃあ、いいですか?」
「は、はい。お願いします。」

五十嵐さんと電話番号を交換し、名刺をいただきました。
そして名刺の裏に、プライベートのメールアドレスを書いてくれました。

名刺とペン

「これでこれから先は、2人で直接連絡もとれるし、もう僕は口だししないから(笑)」
「……。」
「……。」
「あ…れ…?なんかまたまずいこと、言ったかな…?」
「いや、そう言われても、なんて答えていいか困るから!ねえ、エリコさん?(苦笑)」
「はい。本当に困りますよ(苦笑)」
「でもまあ、2人がうまくいっても駄目でも、別に僕に気をつかうことなく。ね?」

なんというか、最後は顔から火が出るのはないかと思うくらい、恥ずかしかったです。

以前から好意を寄せている工藤さんが見ている前で、五十嵐さんと連絡先を交換する。

そんな状況で、携帯を持つ手は震えるし、汗がものすごく出てきて、顔も恥ずかしさで熱くなり。

さらに「これからは2人で…。」なんて言われて…。

少しチクリと心が切なくなるような、そんな複雑な心境なのですが、でも五十嵐さんへも好印象を抱いているので、嫌な気持ちでもない。
自分でも何が何だか、何をどうしたいのか、よくわからないのです。

頭が混乱しつつ、五十嵐さんとお別れし、また工藤さんと車に乗りました。

     

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

 - 婚活

ad

ad

     

          

  関連記事

新年の願い

今年も、1人ぼっちのアパートで新年を迎えました。 お節料理もお雑煮も食べませんし …

横井さんの部屋に来てしまった

初めて来た横井さんの家は、想像していたよりも、ずっと雑然としていました。 広めの …

私の家族、私の婚活①

4月のことです。 母が乳癌の手術を受けると、実家から連絡がありました。 病院で告 …

うなだれる女性の後姿
突飛なメール、そして再始動

横井さんと最後に会った日から、そろそろ3週間たちます。 そして最後に電話で会話し …

真夜中に受信したメール

上原さんと初めてお会いしたのは、婚活パーティーでした。 見た目は中肉中背の、ごく …



PAGE
TOP