ハゲで鬱で無職ですけど婚活してます

全頭脱毛症・鬱病・無職の3重苦をかかえて婚活をしている女のブログです

      

五十嵐さんに抱いた気持ち

   

      

工藤さんのお友達の五十嵐さんと、事前に何も知らされず、突然ファミレスで対面することになりました。

レストラン

いざ席に座り、お話をして、時間がたつにつれ、私は「やっぱりきちんと準備して来たかった。」と、思わずにはいられなくなっていきます。

というのも、五十嵐さんはとても素敵な男性だったのです。
容姿や顔がではなく(という言い方は失礼かもしれませんが、とにかく外見の面よりもという意味です。)、お話した感じが、本当にとても良い方でした。

こんな、感じの良い方が来るなんて、ちょっと、いや、すごく意外でした。

だって、人からの紹介なんて、あまり期待してはいけない、って思いますよね。

期待すればするほど、後から落胆する可能性が高いし、うまくいくほうが少ないのだから、期待しないように。

それにお見合いパーティーのような、1対1の出会いよりも、間に入ってくださった方がいるわけだし。
かえって、その紹介してくれた人と後々関係がこじれないように、より一層気を使わなくてはいけない部分もあるし。

ちょっと面倒だな、と思ったりもしますよね。

そんな色々な煩わしい懸念が全て吹き飛ぶほど、五十嵐さんは、良い印象の方だったのです。

会話は工藤さんが中心になってくれて、途切れることなく進みました。

お互いの仕事のことや、地元や自宅の話、趣味の話。
五十嵐さんは、決して饒舌でもスラスラ話す感じでもないですが、一生懸命話してくれている様子が伝わりました。

工藤さんと五十嵐さんは、20代の頃に仕事を通じて知り合い、大勢で食事などをしているうちに、個人的にも付き合うようになったそうです。

工藤さんが話すには、五十嵐さんはシャイな性格で、特に女性にはなかなか自分からは動かない男性だということでした。

「五十嵐は優しくていい奴なんだけどさあ、いい人すぎてねえ…。」
「そんな優しくないと思うけど…?」
「何年か前に一緒に合コン行ったんだけどね、五十嵐は全然駄目でさあ…(笑)」

「そんな話、ここでするか?(苦笑)」
「ごめんごめん、でもすごく覚えててさ。五十嵐は周りに気を使い過ぎて、全然女を口説かないんだよなあ…。」
「まあ…。でも、合コンはちょっと苦手かも…。(笑)」

男女で食事

話を聞いていくと、どうやら工藤さんは、五十嵐さんにもなかば強引に、この場に来るように言ったらしいのです。

「強引だったけど、でも、来たくなかったわけじゃないですよ。こうやって紹介してくれるのは、ありがたいと思ってます(笑)」

本音はどうかわかりませんけど…。
もしかしたら私が最初思っていたように、「煩わしい」って思っているのかもしれないけど。
でもこうやって、優しい言葉を聞くと、自然に嬉しくなってきます。

時間がたつほどに、五十嵐さんにどんどん好感を抱いている私がいました。

     

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

 - 婚活

ad

ad

     

          

  関連記事

木原さんの気になるところ-1

婚活パーティーで木原さんという男性に出会って、1ヶ月以上たちました。 1~2週間 …

最後にカミングアウトするか否か

前回の記事がわかりにくかったようで、お問い合わせのメッセージがたくさん来てしまい …

水に浮かぶ桜
ハゲていても婚活してもいいですか?

脱毛症の話ばかりになってしまって、なかなか婚活について書けていなくて申し訳ありま …

「地方で婚活」はどうだろう?

今、考えていることがあります。 それは、東北地方への転居です。 きっかけは、やっ …

水に浮かぶ桜
お断りのメール(亀田さん7)

亀田さんからのメールには、こう書いてありました。 「返事がおそくなってすいません …

前の記事
急展開!
次の記事
切なさと好感と…


PAGE
TOP