ハゲで鬱で無職ですけど婚活してます

全頭脱毛症・鬱病・無職の3重苦をかかえて婚活をしている女のブログです

      

ボランティアもひと区切りかな…

   

      

あまりにもボランティア活動に注力し過ぎてしまい、ついに金銭的にきつくなってしまいました。

ボランティアに行くには、交通費や自分の食事代、その他もろもろ、お金がかかります。

毎回ではないですが、宿泊することもあり、その時はもちろん宿泊代は自費です。
(私達の団体は、避難所やボランティア用の宿泊施設に泊まることはありません。旅館や民宿などの安宿を探して泊まります。)

さらに、現地で必要な物を購入したりと、なにかと小額の出費もかさみます。

さすがに、貯蓄に手をつけてまで現地に向かうことはできないので、そろそろ足繁く東北方面へ通うのは、終りになりそうです。

線路

団体のほうも、そろそろ水害の現場からの撤収を、検討し始めているようで…。
そうなると、いよいよ私がボランティアに参加できる機会も減っていきます。

団体が通常の、東北の一定地域での活動だけに戻ったら、私はどうしたらいいのでしょうか…。

今までの場所は、なんとか日帰りで参加することもできました。
でも東北でボランティアとなると、日帰りはけっこう難しいのです…。

時刻表を見たのですが、新幹線を使っても、時間にかなり無理があるように感じました。
かといって泊まりで行くのも…。

今の水害でのボランティアと違って、東北での通常の活動は、切迫性の無い活動なんですよね。

例えば介護施設の訪問や、自然保護に関係した活動があるのですが、もちろんそれらも重要な活動です。
ですが、急を要していたり、遠くから駆けつけるような種類のものではありませんよね。
どちらかというと、地域の人による、地域の人のための活動といった感じだと思います。

だからその活動に参加するために、わざわざ東京から東北へ1人だけ泊まりで行くなんて…。
ちょっとあまり普通じゃないだろうな…、と思って(苦笑)。

たぶん、団体の皆さんも変に思われるだろうし、「東京のボランティア団体に入ったら?」と思うでしょうね。

でも工藤さんへの秘めた気持ちもありますし…。
本当にどうしたらいいのか、悩みます。

これから簡単には会えない状況になったら、気持ちが小さくなっていくのでしょうか…。

これから先、団体と、工藤さんとの様子を見つつ、東京での生活も改めて見直して、考えていかなくちゃと思います。

また、婚活もリスタートさせたいと思います。

前に登録していた婚活サイトに申し込みが来ていたり、あとは実はボランティアで会った、東京在住の男性からお誘いのメールをいただいたりもして。

工藤さんのこと、ボランティアのこと、移住のこと。
色んなことを考えつつ、東京で婚活もするということが、器用ではない私にとっては、頭が混乱する思いですが(苦笑)

私はついつい視野が狭くなりがちなので、色々な選択肢を考えて、色々な可能性を考えて、冷静に見極めていかなくてはいけませんね。

     

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

 - 婚活

ad

ad

     

          

  関連記事

工藤さん、五十嵐さん⑥

五十嵐さんとの食事を終えて、帰宅した私は五十嵐さんにメールを送りました。 「ホテ …

空を見上げる女
お付き合いは保留って、いつまで待てばいいのですか?

五十嵐さんが私とのお付き合いを検討してくれている。 それだけでも充分ありがたいこ …

水に浮かぶ桜
距離感なんて考えるようになった私

現在、婚活サイトでメッセージしている相手が2名います。 お一人とは、早い段階で会 …

白馬の王子様はいない

明日はいよいよ先生との面会です。 ランチをご一緒する約束をしました。 ランチを食 …

壁を乗り越えようともがく①

五十嵐さんの住む街から自宅へ戻り、私は一応五十嵐さんにメールを送りました。 「無 …



PAGE
TOP