ハゲで鬱で無職ですけど婚活してます

全頭脱毛症・鬱病・無職の3重苦をかかえて婚活をしている女のブログです

      

「俺からも聞きたいことがある」

   

      

「失礼なことを聞くようですが、横井さんは本当に私のこと好きですか?横井さんと私、全然タイプも違うのに、なぜ私なのかわかりません。ごめんなさい。遊びなのかな?と思うこともあって、なかなか距離を縮められません。」

悩んだ末に私が送ったメール
に、横井さんからはこう返信がきました。

「遊びだったら、わざわざ「別れる?」なんてメールは送らない。俺のこと怒らせたいの?」

スマホを操作する手

「ごめんなさい。怒らせたいわけではなくて、ただ横井さんが軽く見えてしまう時があるから、遊びなのかなって考えてしまって。私の被害妄想ですよね、ごめんなさい。」

それっきりメールは途絶えました。

しかし1時間ほどたち、今度は電話がきました。
もちろん横井さんからです。

「軽く見えるって、具体的にどういうところが?」

電話越しにもわかるほど、すでに怒っている口調です。

「どこって…、たとえば…、付き合う前に家に誘ってきたり…。」
「それは…。そっか。それは女の人にしたら、そう思われても仕方ないか…。そっか…。あとは?」
「告白してくれた時も、酔ってたし…。」
「そんな。泥酔してたわけじゃないでしょ?」
「うん…。でもそういう話を友達にしたら、「その人は遊び目的じゃない?」って言われて。そうなのかなって…。」
「ふーん…。ずっとそう思って付き合ってたんだ?」
「そういうわけじゃないけど。横井さんが本気なのかどうか、どっちなんだろう?とは考えていました。
「……。」
「……。」
「じゃあさ、俺からも聞きたいことがあるのだけど、いい?」
「……。」
「ずっと聞こうかどうか迷ってたけど、やっぱり気になるから、聞きたい。」
「うん…。いいですよ。」
「エリコちゃんさ…、もしかして……。いや、答えたくなかったらいいんだけど…。」
「……。」
「えーと…、うーん…。聞きにくいんだけど…。」
「……。」

しばらく沈黙が続きます。

「あの…、もしかして、…昔、その、無理やり…。男に…。その…。」
「え…?」
「だから、その…、昔、男に暴力ふるわれたか、無理にやられたか…。そんなような経験でもあるの…?」
「えっ……、それは、無いですけど……。」
「無い!?そっか…。じゃあ、なに?普通に男性恐怖症かなんか?」
「それは…違うと思います。けど…。」
「けどって、やっぱり何かあるでしょ?だって俺が近づくと、いつも逃げるよね?」
「……。」
「最初は真面目な子だなって思ったけど、でもちょっと普通と違うよね?」

「……。」
「何かあるなら言って?俺が軽いって以外に理由があるんでしょ?」
「……。」
「俺だってエリコちゃんが逃げるから、いつも傷ついてたよ?」
「……。」
「言えないこと?」
「ごめんなさい…。」
「エリコちゃんこそ、俺のこと好きじゃないでしょ…?」
「長い時間恋愛をしていなかったから、「好き」ってどんな感じかよくわからなくて…。どうしたらいいのかわからなくて…。それに自信も無いし、遊ばれているかもって思ったら、引くような行動になってしまって。」
「……。」
「横井さんと一緒にいて、楽しいし、もっと知りたいって気持ちはあるんです。でも同時に、これ以上仲良くなるのが、どうしても怖くて…。」
「……。」
「あと、さっき言われたとおり、私自身の、まだ言っていない問題もあって…。どうしても言えなくて…。」
「……。」
「本当に、本当にごめんなさい。」

男女の影

「いや、ちょっと頭が混乱してきたわ(笑)」
「ごめんなさい。本当にごめんなさい。」
「ちょっと連休中、よく考えるから、今は電話切るわ。いい?」
「はい…。わかりました。」
「エリコちゃんも、これからどうしたいか、考えて?」
「…はい…。」
「じゃあ。」

やっぱり、横井さんも私のことを不審に思っていた…。

     

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

 - 婚活

ad

ad

     

          

  関連記事

五十嵐さんファイナル①

引き続き、五十嵐さんから連絡が来ていました。 でも、それももう終わりました。 や …

うなだれる女性の後姿
新しいことを始める

休みの日は、ずっと家にいたい。 外に1歩も出なくていい。 誰とも会わなくていい。 …

合コンに誘われました

この4月から職場に新しく来た、派遣の鈴木さん。 彼女は恋愛・結婚に向けて、精力的 …

iphoneを持った女性の後姿
婚活を並行する

横井さんとお付き合いをしながら、並行して婚活を続けることにした私は、久しぶりに婚 …

悪夢

夜になって、さすがに「このままにしておくのは良くない」と思い、やっと私はこう返信 …



PAGE
TOP