ハゲで鬱で無職ですけど婚活してます

全頭脱毛症・鬱病・無職の3重苦をかかえて婚活をしている女のブログです

      

私のこと、本当に好きですか?

   

      

「付き合うのが無理だったらもう別れる?俺はどちらでもいいです。」

この投げやりとも思えるメールを、どう解釈したらいいのか…。
私はまた考え込んでしまいました。

スマホを操作する手

1、もし、横井さんが本当に私のことを好いてくれていたとしたら…?
2、もし、横井さんがやっぱり遊び目的、ゲーム感覚で付き合っているのだとしたら…?

いつも2つのパターンを想定して、考える癖がついていました。

以前、横井さんが遊び目的かそうでないか、たくさんの意見をただき、このような記事を書きました。

今はそういったメッセージもだいぶ減り、逆に「横井さんは本気だと感じます。」といったメッセージの方が多くいただきます。

私も、「遊び目的かどうかは一旦考えるのやめて、ちゃんと向き合おう!」と思って付き合うことを決めたはずなのに。

でもやっぱり「遊び目的?」と勘繰ってしまうことを、止められませんでした。

それは自分の自信の無さからくることも、もちろんなのですが。
それだけではなくて、横井さんの些細な行動の積み重ねも、影響していました。

例えば、以前も書きましたが、酔っ払った横井さんが、電話をかけてきたことがありました。

先生を誘ってみました

あれから2度ほど、同じように夜中に電話がきたことがあるのです。

その時は、上記の時と明らかに違う点がありました。
横井さんは1人ではなかったのです。

会社の人と飲んでいて、その飲み会の席から、酔ってかけてきているらしいのです。
話す内容は「今、飲みに来ています。寝てた?ごめんね?先輩がかけろって言うから…。」みたいなことを、酔った危なっかしい口調で言っているだけなのですが…。

でも電話の後ろで、その会社の人達がすごい騒いでいて。
「横井ちゃーん!」とか「彼女、おやすみ!」とか、わざとこっちに聞こえるように言っているような人もいて。

しかも男性の声に混ざって、女性の笑い声も聞こえたのです。

居酒屋のテーブルの上

この状況をみたら、「あ…、やっぱり私、遊ばれてる?からかわれてる?話のネタにされてる?」って思いますよね。

横井さんが「今、地味な女を落とそうとしてて、もうちょっとでやれそうなんですよ(笑)」とかなんとか話してて、「面白いじゃん!ちょっと電話してみてよ!」って周りにせがまれて、かけてきた…とか。
被害妄想なのか、目に浮かぶようです。

ただ、翌日には横井さんから「きのうは変な電話してごめんなさい。」の電話がきて、丁寧に謝られるんです。

そうすると、
「元気な会社だと、ああいう悪ノリみたいなこともあるのかな?」
「いや、無いだろう。」
「でもちゃんと謝ってくれたし…。」
「でも女性も一緒に夜中まで飲んでるよ?」
「同僚ならありえる。」
「あんな失礼な電話かけてくる人、もう関わらないほうがいい。」
「でも飲み会のノリで断れなかったのかも…。」
「いや、馬鹿にされているだけだから。」

自分の中でまた自問自答を繰り返して、でも結局もやもやしたまま、答えは出ません。

この例のように、横井さんの明るくて無邪気なノリが、私には理解の範疇を超えていて、遊びに見えてしまうことも少なからずあり…。

でも普通に想ってくれているかも、と感じるシーンもあり…。

もう、考えることに心底疲れました。
別れが目前ならば、いっそのこと、はっきり聞いてしまおう。

私は思い切って横井さん本人に、こうメールしました。

「失礼なことを聞くようですが、横井さんは本当に私のこと好きですか?横井さんと私、全然タイプも違うのに、なぜ私なのかわかりません。ごめんなさい。遊びなのかな?と思うこともあって、なかなか距離を縮められません。」

     

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

 - 婚活

ad

ad

     

          

  関連記事

男女
イベント性のある婚活パーティーは話下手な人にもおすすめです

1月の下旬に、ある婚活パーティーに参加しました。 そのパーティーは私が今まで参加 …

空を見上げる女
お付き合いは保留って、いつまで待てばいいのですか?

五十嵐さんが私とのお付き合いを検討してくれている。 それだけでも充分ありがたいこ …

エレベーターの押しボタン
嫌いじゃないけど…

「なんで?付き合いたくないの?何を迷っているか教えて?」 歯切れの悪い返事をする …

好きになってしまった

ボランティアで出会った男性は、工藤さんというお名前で、東北地方で自営業を営まれて …

iphoneを持った女性の後姿
「連絡しなくてごめんね。」

昨夜、横井さんからメールがきました。 もう連絡が来ないのではないか、と思っていた …



PAGE
TOP