ハゲで鬱で無職ですけど婚活してます

全頭脱毛症・鬱病・無職の3重苦をかかえて婚活をしている女のブログです

      

天国から地獄へ

   

      

シャワーから出てきた横井さんは、Tシャツと短パンに着替えていました。
こうやって見ると…、横井さんはやっぱり「若い」という印象です。

元々4歳も年下ですが、こういうラフな格好をし、髪も濡れたままだと、どこか少年っぽく見える気がします。
これじゃ、2人で歩いていると、まるで「姉と弟」だろうな…。

ちょっと切ない気持ちになりました。

「ビール飲んじゃおっと。」

横井さんは缶ビールを出してきました。

「あ、じゃあ、さっき買ったお惣菜、もう出す?」
「そうだね。チンしよう。」

横井さんは普段あまり自炊をしないようで、コンロ周りは使われてる様子はありませんでした。

2人で簡単におつまみの用意をし、それをローテーブルまで運び、私はお茶で、横井さんはビールで、乾杯をしました。

beer

そして横井さんが、撮りためていたテレビ番組の中から、アメトークをかけました。

こういった時間。

こんなにも甘く、心地良く、夢のような時間が私におとずれるなんて…。
信じられません。

「エリコちゃん、食べないの?」
「うん…、あまりお腹すいてなくて…。」

胸がいっぱいで、食べ物が少しも喉を通りません。

この10年間の孤独が胸に去来し、思わず涙ぐみそうになりました。
歯をくいしばって気をつけないていないと、涙が落ちてしまいそうです。

それに心なしか、体が震えてきています。
幸せすぎて震えているのか?
自分でもわかりません。

すると次第に頭がくらくらしてきました。

貧血の時のように、視界もグラグラと揺れてきました。

地震?
いや、違う…。

過呼吸?酸欠?貧血?

自分に何が起きているのかよくわからないけど。
とにかくやばいです…。
倒れそうです。

ここで倒れたら…、頭が、髪が、カツラが……。

もちろん横になったくらいではカツラは取れません。
でももし触られたらバレます。
それに横になった時に生え際が見えた場合も、違和感を感じると思います。

倒れるわけには絶対いかない。

でも、頭のくらくらも一向に良くなりません。

「ちょっと…具合悪いかも…。」
「え?!大丈夫?どうしたの?」
「わからないけど。頭がくらくらする…。」
「そういえば、言われてみたら顔色悪いね。どうしよう?ベッドで横になる?」
「いやベッドは…。」
「いや、恥ずかしがってる場合じゃないでしょ。ほらっ。」

横井さんが布団をめくって指をさします。

私、こういうところ変に頑固なのですよね。
「ベッドは駄目だ。絶対にベッドに入ってはいけない。そうしたら何をされても仕方ないのだ。」という考えがあるので、どうしてもベッドに入ることが出来なくて。

そしたら横井さんが心配そうに近づいてきて、私の前に座り、手をあげてきたから。
思わず私、「触らないで!」と言ってしまったんです。

自分でも驚くほど大きな声でした。
最悪なことをしてしまいました…。

でも横井さんの手が、頭かおでこか、そのへんを触りそうだったから、条件反射だったんです。
横井さんは、さすがにびっくりした顔をしていました。

沈黙が部屋を包みました。

     

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

 - 婚活

ad

ad

     

          

  関連記事

1年を振り返って…

今日でお仕事も納めて、明日からはお正月休みの6連休となりました。 今年1年、色々 …

先生も、あっけなく終了

メールでは、大変優しく可愛らしい文面を送ってくださった、先生。 だけど2回の面会 …

レストラン
喋らない先生

幼稚園の先生と、2回目の面会へ行ってきました。 先生とは婚活サイトで知り合い(→ …

1度だけお会いした男性、橋本さん

もう1人、最近お会いしたのは、先生と同じタイミングで婚活サイトでメールを始めた、 …

iphoneを持つ手
進展する速度

横井さんと3回目の面会の後、私からメールを送りました。 いつもは相手から来ること …



PAGE
TOP