ハゲで鬱で無職ですけど婚活してます

全頭脱毛症・鬱病・無職の3重苦をかかえて婚活をしている女のブログです

      

白馬の王子様はいない

   

      

明日はいよいよ先生との面会です。
ランチをご一緒する約束をしました。
ランチを食べた後、すぐに解散するかどうかはまだ未定です。

が、おそらく横井さんが午後3時頃に仕事を終えると思うので、それくらいには横井さんからの連絡に出られるようにしておかなくてはいけません。

なんだか色々こなせるか心配ですし、緊張もします。
でも出来る限り、やっていきたいと思います。

話は変わりますが、先日こんなメッセージをいただきました。

(お問い合わせ・メッセージについて、注記を追加しました。ご確認ください。→お問い合わせ

あなたは白馬の王子様を求めているのではないですか?そんな男性はいませんよ。もっと現実を見た方が良いです。

要約すると、こんな内容でした。
悪意は全然感じられず、本当に私に忠告してくださっているのだと思ったので、原文をそのまま転載するのは控えました。

白馬の王子さまか…。
確かにそうかもしれませんね。

馬に乗った騎士の像

自分はちゃんと現実を見て、高望みせず、身の丈に合った男性を探しているつもりだったけど。
でも確かに違ったかもしれません。

職業、収入、外見。
そんなことは私にとってこだわるポイントでは無くて、私が夢見ているのは、「自分の全てをすんなり受け入れてくれる人」なのです。

小中学生の頃、好んで集めていた少女小説があります。
藤本ひとみ先生のコバルト文庫のシリーズです。

 

今はわかりませんが、当時のこの手のティーン向けの小説は、だいたい話のパターンは決まっていました。

・ヒロインは、地味で目立たなくて鈍くさくて、おっちょこちょいで顔も平均以下な女子高生。
・それが美形で家柄も良い、学校のヒーロー的存在の少年と出会い、なぜかかなり一方的に見初められ、ぐいぐいアプローチされる。
・少年はヒロインの母性や癒しに恋している。
・ヒロインは最初は「なんで私?」と逃げ腰。
・絶世の美少女のライバルが登場。(たいてい少年の幼馴染。)
・少年は心に何か闇を抱えていて、それをふとした瞬間にヒロインだけに見せる。
・いつしかヒロインも彼を好きになり、幾多の壁を乗り越えハッピーエンド。
という内容です。

ここまでドラマチックじゃないけれど、私もこんな展開をどこか夢見ているのかもしれません。

容姿なんか関係なく好きになってくれて。
警戒心をむきだしで逃げ腰な私を、どんどん引っ張ってくれて。
しかもそれが本心からの気持ちで。

「どんな過去があってもお前が好きだ。お前しかいない。これからは俺がお前を一生守る。」

そんな誠実な愛情で私の心を全て包み込んでくれる、精神的な王子様が現れるのを、心の奥で期待している。

だから横井さんにも、いまいち気持ちが行かないのかな…。
横井さんは王子様タイプではないですもの。
下心を見せたり、酔っ払って電話してきたりする、今どきの少し軽めの男性ですからね。
失礼な言い方だけど、私の全てを受け入れてくれるほど懐が大きな人だとは思えないのです。

現実を見るって、どうやればできるのかな?
自分の深層心理で求めているものって、変えられるのかな?

     

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

 - 婚活

ad

ad

     

          

  関連記事

木原さんと再び話し合う②

木原さんに話し合いを持ちかけたものの、笑顔でどうってこと無さそうに、軽くさわやか …

水に浮かぶ桜
ハゲていても婚活してもいいですか?

脱毛症の話ばかりになってしまって、なかなか婚活について書けていなくて申し訳ありま …

水に浮かぶ桜
きょうは会社休みます?

横井さんと出会ったのは、4月に行ったお見合いパーティーの時でした。 →ちょっとし …

ラテアートされたカプチーノ
うまくいかない時もある

週末に高瀬さんと2回目の面会をしてきました。 高瀬さんにお店を指定していただき、 …

男女
情熱的なアプローチ

木原さんと初めてお見合いパーティーでお会いし、その後2人で居酒屋へ行った日。 駅 …



PAGE
TOP