ハゲで鬱で無職ですけど婚活してます

全頭脱毛症・鬱病・無職の3重苦をかかえて婚活をしている女のブログです

      

決断

   

      

静かな喫茶店で、横井さんと2人で向かいあいました。

ラテアートされたカプチーノ

最初は無難に映画の話をしました。

「良い映画だったよね。」

「はい、すごく良かったです。」
「広瀬すず、最近よく出てるけどテレビより映画のほうが可愛いな(笑)」
「たしかに広瀬すずちゃんも可愛かったけど、でも長澤まさみには負けると思うな…。」
「ああ~でも俺は駄目だ!長澤まさみは苦手かもしれない。」
「え!?なんでですか?あんな綺麗な人……。」
「綺麗だと思うし、すげースタイルいいと思うけど。でも苦手(笑)あんな女の人、なんか引いちゃう(笑)」
「引いちゃうって…。」
「俺は普通の人が好き。映画の四姉妹だったら三女の夏帆がいい。ごくごく普通の人の方が興味わくな。」
「………………。」
「あ、えっと、ごめん!エリコさんのことを普通って言っているわけじゃないけど…、あー、えーと…。」
「いや、実際に私はごくごく普通の人ですよ。大丈夫です(笑)」
「いや、ちがう。普通って言い方はあれだけど、一歩引いた人がいいという意味で。あー……。」

こんな流れで、自然と映画の話から二人の話に切り替わっていきました。

「付き合う、付き合わない」が無ければ、横井さんとはとても普通に楽しく話せるのですよね。

最初の頃に横井さんに感じたのは、「まるで会社の後輩の男の子みたいだな」という印象だったように思います。

気さくに色々話しかけてきて、時々すごく私を年増扱いしてみたり、すごく子供扱いしてきたり。
やたらと自慢話したかと思えば、突然身の上話のような真剣な話をもちかけてきたり。

そのころころと無邪気に振舞う様子が、なんとなく会社や大学によくいる「後輩くん」というキャラだなと思ったわけです。

それが「付き合う、付き合わない」を話していると、一気に男性みを帯びていく。
なんというか、ドキドキさせられるのです…。

「なにか話したいこと、あったんだよね?聞くよ?」

うながされて、私は自分のことを少しずつ話し始めました。

20代の頃に婚約破棄になったこと。
原因が流産だったこと。
それから恋愛がトラウマになり、全然恋愛をしてこなかったこと。

ここまでは、なんとか話せました。

横井さんは聞いた後、笑ってこう言いました。

「もっとすごいことを予想してたよ(笑)実は犯罪歴があるとか、バツ2で子供3人いますとか(笑)」

言えない。
犯罪歴も離婚歴もないし子供もいないけど。
でも実は脱毛症で頭に毛が無いだなんて、やっぱり言えない………。

「色々大変だったんだね。でも今こうやって健康なんだから、大丈夫でしょ。」

違うんです。
決して健康ではないのです。
脱毛症なんです。治る見込みもないのです…。

「エリコさんは心配しすぎなんじゃない?こうやって何度も会ってるんだから、付き合ってみてもいいと思うよ俺は。」

違う。
心配なのはそこじゃないのです。
あなたがこの頭を受け入れてくれるか。
それが心配なのです…。

「そうですよね…。はい、私、横井さんと付き合います。」

ごめんなさい。
騙すようなことをして、ごめんなさい。
本当のことを言えなくて、ごめんなさい。
一番肝心なことを伝えなくて、本当にごめんなさい。

心が罪悪感でいっぱいになりました。
でも、私は横井さんとお付き合いすることに決めたのです。

     

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

 - 婚活

ad

ad

     

          

  関連記事

水に浮かぶ桜
1人の時間

世間はゴールデンウィークの真っ只中ですね。 昨年11月に無職になり、毎日が休日だ …

先生も、あっけなく終了

メールでは、大変優しく可愛らしい文面を送ってくださった、先生。 だけど2回の面会 …

もしも…

もしも私が脱毛症じゃなかったら…。 もしも五十嵐さんの家が、制約や条件の多い家系 …

水に浮かぶ桜
また会いたいという気持ち(亀田さん2)

男女各50人以上の大型お見合いパーティーで、私に話しかけてくれた亀田さん。 亀田 …

うなだれる女性の後姿
突飛なメール、そして再始動

横井さんと最後に会った日から、そろそろ3週間たちます。 そして最後に電話で会話し …



PAGE
TOP