ハゲで鬱で無職ですけど婚活してます

全頭脱毛症・鬱病・無職の3重苦をかかえて婚活をしている女のブログです

      

気持ちの綱引き

   

      

私は本当に「自分」というものがありません。

恋愛の経験不足というのは言い訳で、自分に自信がないという以上に、自分に信念がないのです。

顔の無い女性

日々、横井さんに対するご意見をコメントやメッセージでいただくたびに、私の気持ちは右往左往してしまう。

「横井さん、普通の男性ですよ。下心あっても恋愛に発展する可能性あるじゃないですか。」と言われれば、「そうですよね!頑張ります!」と喜んで、嬉しくて安心する。

「横井さんの言動は間違いなくヤリ目ですよ。傷つく前に切ったほうがいいです。」と言われれば、「そっか…。そうですよね。真剣に私を相手にするわけないですよね…。」と悲しくなってしまう。

私自身が横井さんをどう思っているかが、だんだん分からなくなってくる。

意見ごとに、いちいち右に左に引っ張られて、定まらない。

私の弱さって、こういうところなのだと思います。

結局、横井さんが本気か否か、予想することなんて無駄なのですよね。

前の記事にも書きましたが、相手が本気かどうかを事前に知ることなどできないし、例え予想が合っていても、それがいつ変わるかもわからない。

今、横井さんがどう思っているか、予想したところで、結婚まで結びつくかは分からない。
将来まで保証されているわけではない。

それよりも大切なのは、私自身が横井さんと、どうなりたいか?恋してるのか?結婚相手をして考えたいのか?信じられるかどうか?、なのですよね。
信じられないなら、これ以上進めないし、信じるなら、精一杯信じて、飛び込んでいくしかない。

傷つくことを恐れていては、前には進めない。
結婚したいなら、ある程度は相手を信じなくてはいけない。

決めるのは自分自身だし、いつか横井さんとの結果が出た時に、その結果を受け止めなくてはいけないのも自分自身。

誰かの意見に依存してはいけない。

決めるのは自分。
責任を持つのも自分。

     

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

 - 婚活

ad

ad

     

          

  関連記事

五十嵐さんと私に立ちはだかる壁⑤

お店での食事を終えて、私と五十嵐さんは、五十嵐さんの一人暮らしの部屋へ戻りました …

別れを考えている

結局のところ、木原さんとはお別れした方がいいのだろう、と思っています。 お付き合 …

水に浮かぶ桜
すすまない…(斉藤さん2)

こちらの続きです。 斉藤さんから、お見合いパーティーの1週間後に「この前はどうも …

水に浮かぶ桜
ため息が出る

週末に、お見合いパーティーへ行ってきました。 前回は12月の、亀田さんと出会った …

私の家族、私の婚活④

五十嵐さんと1泊2日でお会いした後、ゴールデンウィークはまだ1週間ありました。 …



PAGE
TOP