ハゲで鬱で無職ですけど婚活してます

全頭脱毛症・鬱病・無職の3重苦をかかえて婚活をしている女のブログです

      

また態度が変わった大竹さん

   

      

大竹さんに会って来ました。

私、大竹さんという人が本当にわからないです…。

駅の改札口

駅の改札口で待ち合わせし、私はすぐにお借りしていたDVDを返しました。

そこで大竹さんが一言、言いました。

「お腹、すいたよね?何が食べたいですか?」

まさか、ですよね?

まさか、このごに及んで食事に誘われるとは、思いませんよね?

そこで馬鹿な私は、びっくりしすぎて何も言えなかったのです。
コメントで「理由をつけて断りましょう。」とアドバイスをいただいていたのに、私の馬鹿!

それで大竹さんに、近くのファミレスに連れて行かれました。

私は何か言われるのが怖くて、最初はかなり身構えていたのですが、とても不思議なことに、大竹さん、ものすごく普通だったのですよ。

あの今までの不機嫌そうな、怒っているような威圧的な態度も一切無かったし。
ここ最近送ってきた数々のメールについても全く触れず、まるで何もなかったかのように、本当に普通。

以前のように、普通にお話して、お食事しました。

で、思ったのですよね。

この人の、こういうところが、私は緊張せずに居心地良く感じていたのだな、と。

大竹さん、少々強引なところがあるんです。

強引といっても、決して嫌な目立つ行動ではなくて、良く言えばリードしてくれるようなところ。

今日、「何が食べたいですか?」と聞かれた時も、まるで断る選択支などないような言い方で。
私が迷う素振りを見せても、すっと歩いて行ってファミレスに入って行ってしまう。

私には考える余地などなく、急いで後を追うしかない。

誰もいないファミリーレストランの店内

会話もそんな感じで。
リードして、どんどん話題を出してくれる。

だからといって自分のことばかり話すわけでもなく、「会社はどうですか?」なんて質問も自然にしてくれる。
私が言葉に詰まったら、すぐに次の話題に移ってくれる。
無言でシーンとなることもない。

移動で「さあ次はどうする?」という場面では、全て大竹さんが決めて、私はそれに従うだけ。
何も選択をせまられない。
何も深く考えなくていい。

私のような対人コミュニケーション力の低い人間にとって、これほど楽なことってないですよね…。

あまりにも大竹さんが自然なので、まるで本当に、ここ数週間のことが何も無かったかのように錯覚しました。

しかしここまで、また態度が変わるなんて、どこか不気味だったりもします。

大竹さんはなにがしたいのでしょう?

そうそう。

もう1点、不思議なことがありました。

大竹さんとの面会は、今までほとんど割り勘でした。

1度目は、お茶だけして出していただいたのですが、2度目3度目はほとんど割り勘で、大竹さんが少しだけ多く払うというものでした。
それが今回は、なぜか全額おごっていただいたのです。

私は、元々自分がおごっていただくほどの対価のある女性だと思っていないので、割り勘でいいのです。
おごっていただくのは申し訳ないですし、返ってどう反応したらいいか困ります。

でも今日大竹さんは、私の知らない間にお会計をすましていたらしく、お店を出る時にレジを素通りしたのです。

様々なブログで、このような行動(女性が気がつかないようにお会計を終わらせる)をする男性がいるとは、聞いていましたが。
私にとって、1対1で会う相手に、このようなことをしてもらったのは、初めての経験でした。

「おごっていただいて申し訳ない」という気持ちもありつつ、正直言って、嬉しさもありました。

でも、なぜ今日なのでしょう?

大竹さん、「もうエリコさんとお会いすることはないと思います。婚活がんばってください。」と、メールしてきたんですよ。
「あなたのような鈍感でマイペースな人は結婚には向かないと思う。」とも送ってきました。
あなたは結婚には向かない

私はこのメールに、少なからず傷ついたのです。

そして、今日で大竹さんと会うのも最後だろうと思っていました。

なんか頭がこんがらがって、よくわからない状態です。

     

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

 - 婚活

ad

ad

     

          

  関連記事

レストラン
喋らない先生

幼稚園の先生と、2回目の面会へ行ってきました。 先生とは婚活サイトで知り合い(→ …

切なさと好感と…

工藤さんの紹介で、五十嵐さんという男性と3人で、ファミレスで会っている時のことで …

水に浮かぶ桜
今さらだけど…(亀田さん8)

12月にメールでお断りされ、一昨日、記事も書き終わった。 →お断りのメール(亀田 …

ラテアートされたカプチーノ
うまくいかない時もある

週末に高瀬さんと2回目の面会をしてきました。 高瀬さんにお店を指定していただき、 …

工藤さん、五十嵐さん④

工藤さんのことが好きだということを、五十嵐さんに知られてしまった。 それまで、工 …



PAGE
TOP