ハゲで鬱で無職ですけど婚活してます

全頭脱毛症・鬱病・無職の3重苦をかかえて婚活をしている女のブログです

      

全く相手にされなかった…

   

      

先日、自分磨きの第一歩として、化粧品カウンターへ行ってきました。
→瑠璃も針も磨けば光る?

化粧品

出不精の私は、用事が1つだけだと、腰が重くてなかなか外出できません。
だからこの時は、友人への出産祝いを買う用事も一緒にしました。
→会いたいけれど会いたくない

都内の某デパートへ出かけ、まずはベビー用品のフロアへ行き、ささっとプレゼントを選びました。
ベビー用品を見ると、いつも過去の色んな悲しい思いが押し寄せてきてパニックになります。

でもこの時は、「この後に化粧品カウンターへ行って綺麗にしてもらうんだ。新しい自分になるんだ。」と気を紛らわせて、のりきりました。

そしていよいよ、化粧品売り場のフロアに降りてきました。
ドキドキと緊張する気持ちをおさえつつ、まずはグルリと1周してみました。

どのメーカーがいいとか、そんな情報は私にわかりません。

なのでとりあえず、できるだけ柔らかそうな、雰囲気の良さそうな売り場のお姉さんを狙って近づいて。
目についた口紅を手にとってみたり、鏡の前で迷った素振りをしてみたり。

声をかけてくれるのを待ちました。

でも、おかしいです。
私、全く声をかけられませんでした。

私の予定では、化粧品カウンターにいれば、メーカーのお姉さんから声をかけられると思っていたのです。

昔、まだ20代で、会社員できちんと化粧をしていた頃は、デパートの化粧品売り場を歩いていると多少は声をかけられていました。
「試してみませんか?」や「何かお探しですか?」のようにです。

でもその日、私は全く声をかけてもらえませんでした。

平日の昼間だったので、デパートはすいていました。
各化粧品カウンターのお姉さん達は、決して忙しそうにはされていませんでした。

今ってあまり声をかけないものなのでしょうか?
それとも、私がいかにも「ひやかし」に見えたから?

たしかにあまり化粧っけのない、お洒落でもない、地味な中年女に声をかけても、売り上げにつながらなそうですものね…。

困りました。

実は私、その日は化粧品を買うつもりはありませんでした。

「声をかけてもらって、アイシャドウやマスカラ等のアイテムを試させてもらいつつ、お姉さんに今どきの化粧法を教えてもらう。そして「検討します」と言って、何も買わずに帰る。」

これが私の描いていた当初の予定でした。

なにせ無職の身なので、きちんとした化粧品メーカーのアイテムは買えません。
でも気に入れば、もしかしたら2~3000円くらいなら買ってもいいかな、くらいの気持ちもありました。

でも、基本的には「高級な化粧品は買えない。」という気持ちです。

そんな「はなから買うつもりがない」考えなので、自分から声をかけることができません。
(いえ、買う気があっても自分から声をかけられない性分ですけど。)

そして私は…。
そのままデパートをあとにしました…。

はあ…。
情けないですね。

なんか書いてて、情けないを通り越して笑えてきました。
私、34歳にもなって馬鹿みたい(笑)

どうやらデパートの化粧品カウンターは、私にはハードルが高かったようです。
近所の大き目のドラッグストアにも、メーカーの美容部員さんが2~3人いたので、今度そこに行ってみます。

いや、今度と言わず、今から行ってきます。
今日も何の予定もありませんし、宣言しないとなかなか実行できないので(笑)

     

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

 - 婚活

ad

ad

     

     

Comment

  1. ゆう より:

    初めてコメントさせていただきます!
    私は百貨店で化粧品販売をしてましたが、なんとなく買わない方は雰囲気で分かりました。なのでお声かけがなかったのかもしれないです。
    もちろんどんなお客様でもお声かけするのが普通なので、その販売員はどうなのかと思いますが…(–;)
    なので、口紅一つ買う位の気持ちでこちらから美容部員さんに声をかけたほうがメイクにつながると思います♪

    あと、私が働いていた銀○三○はお声かけ徹底を心掛けていたので、ぜひ行ってみてください(*^^*)

    • エリコ より:

      ゆう 様

      はじめまして。
      コメントありがとうございます。

      買わない人はなんとなくわかるんですね。
      私はなんとなく、平日の昼間ならこんでないし、他にお客さんもいなければ声をかけてもらえるって勝手に思ってたんですよね。
      私の下心が見えてたんでしょうか(笑)
      銀○三○ですね。
      お恥ずかしながら1度も行ったことないのですが、本当に困ったら行ってきますね。
      情報をありがとうございます。

  2. koro より:

    エリコさん、頑張られましたね(*^^*)
    行動力に拍手です!
    私は、化粧品カウンター苦手で若かりし頃何度か挑戦しようと
    しましたが、緊張し過ぎてダメでした(^_^;)
    ショップの店員さんって、可愛い方や綺麗な方が
    多いじゃないですか?
    何か目を合わせて話すのが、恥ずかしくって汗かいて来ちゃうんですよね(^_^;)
    今は、脱毛症でウィッグ生活ですが高価な医療用は手が出せないし
    洋服屋さんとかで声を掛けてもらっても、何だか視線が気になって
    適当に流して出てきちゃう事もあります。

    お化粧に目覚められるのは、とても素敵な事ですし
    一度、美容雑誌なんかを買われて研究されてみるのはどうですか?
    アイライン引いて、マスカラ付けるだけでもグッと
    印象は変わるかと思います。
    私は、眉毛も睫毛も全くないので、アイライン、
    つけまつげが必須です。
    以前は、自分の顔を鏡で見るのも辛かったですが
    やっぱり、ちゃんとツケマ付けてお化粧すると気分も上がります。

    エリコさん、長くて綺麗な睫毛されてるので
    アイメイクされると、とっても素敵になるんじゃないかなぁ(*^^*)

    ドラッグストアやバラエティショップでも、ポイントメイクは
    色々お試し出来ますし、何よりお財布に優しいです(笑)
    安価な物で一通り揃えられて、色々練習されてみてはどうでしょうか?(^^)

    • エリコ より:

      Koro 様

      拍手、嬉しいです。ありがとうございます。

      そうなんですよ。
      化粧品カウンターの方はきちんと化粧されていて、きらきらと綺麗で私にとっては異世界の人に感じます。
      それでよけいに緊張しちゃうし、接客も控えめにされたら「相手にされてないのかも」と思うし、ぐいぐい来られても引いてしまうし。
      カツラのせいで自意識過剰になっています(笑)

      美容雑誌は立ち読みですが、少し読んでみました。
      それが読んでいるうちに、おばあちゃんみたいな気分になっちゃって。
      なにがなにやらよくわからないんですよね。
      たとえば付けまつ毛って高校生やギャルの間ではやっていると思っていたら、今は大人でもつけるんですね。
      雑誌にも部分用がのっていて、ちょっとびっくりしました。
      ドラッグストアでも、いつも同じ化粧品を買ってすぐに帰ってたから、今のトレンドを知らなかったんですよね。
      これからたくさん勉強してみます。
      色々教えてくださり、ありがとうございました。

  3. haru より:

    はじめまして

    多分、お相手は、この人は買わないだろうと見抜いたのかも知れませんね。売る側の人は、ゆうさんの仰るように、分かるって私も聞いたことがあります。色んな店員さんがいますね。私も決して脱毛症だと言えなかった時は、化粧品のコーナーで顔を触られることにびくついていました。ですが今は脱毛症のことはオープンにしていますし、人間関係で特に支障はないです。堂々と喋っています。脱毛症の原因は自己免疫疾患説が有力ですが、何が誘因になるかは意外と個人差があるように思います。私自身も引き金が何か、後でよく考えないと気付かない程度の自覚症状でした。一旦発症してからのストレスの方がきついです。エリコさんはどうですか?私は今は脱毛症のことを自分ではどうしようもない現実ですので、髪の毛がない状態が普通ですが、人がどう思ったり感じるかよりも、自分がどう思っているかで物事は進んでいくような気がします。婚活や恋愛では、楽しいことばかりではなく傷ついたり苦しいこともあると思うので、自分自身が恋愛に振り回されてしまわないように、冷静さも自分を守る為に必要かも知れないですね。カミングアウトは、ブログでも練習になっていると思います。色んな方法で少しずつご自分を解していけたらいいですね。

    • エリコ より:

      Haru 様

      私の場合は、流産・婚約破棄のショックから髪が抜け始めたことが明らかなので、引き金は精神的なものですね。
      発症してからしばらくは、髪よりもその(流産など)ことのほうに頭がいっていたので、脱毛症そのものに対するストレスは気になりませんでした。
      むしろ数年たってから、少し心が正常さを取り戻してからのほうが辛かったですね。
      流産などの傷は癒えきても、脱毛症だけは治らなかったから。

      「人がどう思ったり感じるかよりも、自分がどう思っているかで物事は進んでいくような気がします。」
      私もそう思います。
      私は、まだまだ脱毛症の自分を受け入れていない。
      だから人にも言えないのかもしれませんね。

      こうやってブログで色んな人に受け入れてもらうことで、私が私自身を受け入れられるようになりたいです。
      コメントありがとうございました。

  4. いぶき より:

    こんばんは(o^-^o)

    先日はコメントありがとうございました!
    お返事を書いた後にエリコさんのブログに飛んで驚きました。
    実は私も、ブログ村から何度かお邪魔した事があるんです。

    こちらの記事は数日前に読ませていただいてます。
    私は化粧品売り場などで店員さんに顔をいじられると、緊張して震えてしまうので絶対に行きません^^;とても上がり症なんです。自意識過剰かもしれません(笑)
    なので、店員さんは何でお客さん(エリコさん)が来ているのに声掛けないの!と、読んでいてプリプリしました。
    でも、めげずに再チャレンジして欲しいなぁと思います。

    同じ34歳。これからも応援しています♪

    • エリコ より:

      いぶき 様

      コメントの返事が遅くなってしまい、すいません。
      来てくださって嬉しいです。

      いぶきさんも化粧品売り場、苦手なのですね。
      私もきっとカツラなどの理由がなくても、あまり行きたい場所じゃないです。
      緊張して、きちんと冷静な判断で化粧品を選べないと思います(笑)

      ドラッグストアに行ってきたので、また記事にしますね。

      私もいぶきさんのこと、応援させてください。

  5. テテコ より:

    エリコさん、こんにちは。

    承認制にされたんですね。
    読者が増えたようですからその方が安心ですよね。
    あ、私のコメントがエリコさんを無用に傷つけてたらごめんなさい。

    カミングアウトについて考えてしまいまいました。
    正解はないですね〜。
    やはりエリコさんが大丈夫だ、この人になら言える!
    って相手とタイミングがあえば‼︎
    ですよね^_^

    大人になると皆、人知れず秘密や辛い事を持ってると思うのです。

    だからエリコさんが打ち明けて態度を変えるなら私は人の気持ちが分からない人だと思うからこっちから願い下げですよ!って思います。

    常々エリコさんの様々なコメントに対する素直な反応に感心し、見習いたいと思っております。

    更新楽しみにしてます。

    • エリコ より:

      テテコ 様

      コメントの返事が遅くなってしまい、すみません。

      勝手ながら承認制にさせていただきました。
      「傷つけようと思ってないけど、たまたま傷ついた」という程度ならいいんです。
      私もお返事で、同じように読者の方を傷つける可能性はありますからね。

      でも明らかに、私が困るようなコメントをされる方が出てきたので変えました。

      ちなみにテテコさんは1度も私を傷つけてないですよ、大丈夫です。

      カミングアウトに正解はない。
      私もそう思います。
      それぞれ、思い思いの時にカミングアウトすればいいと思うんですよね。

      私は素直なところもありますが、この件に関しては頑固だと思いますよ(笑)

  6. ちぃ より:

    コメントのこと、私は、システム的なことがわからないけれど

    傷ついたり、辛かったですね。
    気にしないと思うように なんて言われても、気にしちゃいますよね

    • エリコ より:

      ちぃ 様

      コメントの返事が遅くなってしまい、すみません。

      気にしないようにできれば良かったんですけどね。
      私にとって、とても大きな意味を持つ事柄だったので、非情に気にして考え込んでしまいました。
      でも、もう大丈夫です。

      お心遣い、ありがとうございます。

  7. あい より:

    エリコさん始めまして。
    今日始めてエリコさんのブログを見させて頂いて今全て読み終わった所です。
    髪の毛が抜けてしまうほど、辛い思いをされたにもかかわらず、こうしてブログにてありのままの自分を表現して前に進んでいるエリコさんは本当に強い方だと思います。
    エリコさんの心の中にある芯の強さに私も勇気づけられました。

    ドラッグストアにはもう行かれましたか?
    私もたまに行くのですが、声をかけられる時とかけられない時半々くらいでしょうか。
    あまりにも真剣な目つきで選んでると声をかけられなかったりします。
    無意識に話しかけるなオーラが出ているのかもしれません(笑)

    • エリコ より:

      あい 様

      コメントの返事が遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。

      私、まだまだ弱いです。
      人の意見にいちいち左右されたり、悲しくなったり、凹んだりしてますよ(笑)
      でもこれからは強くなりたいです。
      強くならないと人を愛せないって、思うようになりました。

      ドラッグストアも、なかなか思うとおりに声をかけてもらえなくて苦戦しました。
      また記事にしますね。
      心強いコメント、ありがとうございました。

  8. ロング より:

    初めまして、ロングと言います。
    アラフォー既婚、子持ちの女です。
    エリコさんに自分を重ねてブログを読んでしまい、涙が出ました。
    エリコさんの失恋は自分の自信のなさが招いた結果ですね。私の忘れない恋も初めての人です。エリコさんの先輩の因果って言うのも私も同じようなものがあります。今、5年後、10年後、20年後と気持ちが薄れて来たときに因果が起こります。
    そうして、いろいろ調べるうちに、潜在意識と言う言葉や引き寄せの法則と言うのを知りました。今までの結果は自分の潜在意識が招いたことを実感しました。
    スピリチュアル的なことは信じてきませんでしたが、彼との因果が何度も起こる度に、これは神様が与えた試練なのかと考えるようになりました。これを乗り越えたら、成長できるのかなと。成長できたかを神様が試してるのかなと。

    カミングアウトについてはユキコ道のドクターユキコにそうだんしてみたらどうでしょう。ルールズに少し似ています。
    ネットで探すとヤフー!ブログが出てきますよ。

    • エリコ より:

      ロング 様

      コメントの返事が遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。

      因果って不思議ですよね。
      私も先輩をテレビで見た時は「なんでこんなことが?」と思い、本当になんともいえない気持ちに包まれました。
      それも、私の潜在意識が引き寄せたのでしょうか?
      でも、結果的にそのことがきっかけで、私は将来や自分の幸せを考えるようになったんです。
      負のループから抜け出すきっかけになったんです。
      そう思ったら、本当に不思議ですよね…。

      ユキコ道はどなたかのブログで聞いたことがあります。
      どんなものか全く知らないので、調べてみますね。

      コメントをありがとうございます。

  9. ちぃ より:

    えりさん

    最近、更新されていないようですが、
    大丈夫ですか?

    体調くずしてりしていないですか?

    • エリコ より:

      ちぃ 様

      コメントの返事が遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。

      ご心配をおかけして、すみませんでした。
      本当は毎日更新したいんですが、なかなか思っていることを文章に書くのも難しくて…。
      少しマイペースに更新しようと思います。

      ちぃさん、お心遣いをありがとうございました。

  10. エリコ より:

    あ 様

    コメントありがとうございました。
    動画サイト、たくさんあるんですね。
    思わず「整形メイク」などを見て、驚きと感心でいっぱいです。
    私も美人になれるかな?と期待が持てました(笑)

    他のアドバイスも、とても参考になりました。
    また追って、化粧について記事にしますね。

     

  関連記事

水に浮かぶ桜
未練たっぷり(亀田さん9)

昨夜、亀田さんに送ったメールはこんな内容です。 ■□■□■ 「お久しぶりです。1 …

私の家族、私の婚活④

五十嵐さんと1泊2日でお会いした後、ゴールデンウィークはまだ1週間ありました。 …

背を向け合う男女
お別れしました。

皆様、連休を楽しく過ごされたでしょうか。 私は昨日、五十嵐さんと会って、お別れし …

水に浮かぶ桜
1人の時間

世間はゴールデンウィークの真っ只中ですね。 昨年11月に無職になり、毎日が休日だ …

スマートフォン メール受信
あなたは結婚には向かない

昨夜、大竹さんからきたメールは、こんなシンプルなものでした。 「もうエリコさんと …



PAGE
TOP