ハゲで鬱で無職ですけど婚活してます

全頭脱毛症・鬱病・無職の3重苦をかかえて婚活をしている女のブログです

      

高齢者を視野に入れるべきか否か

   

      

婚活サイトに登録をして、早1ヶ月がたちました。
→もっと成長したい…!

登録した当初は勢いもあったのですが、その後は亀田さんのことがあり、意気消沈し、しばらく放置してしまい。
→亀田さん

その後、再びやる気を出し、自分の情報を追加で入力しようとサイトをひらいてみるものの、自己アピール文章などが思いつかず、情報欄を埋められずにまた放置…。

月々のお金が発生しているというのに、私はいったい何をやっているのでしょう…。

うなだれる人

そんな、ほとんど基本情報しか入れていない、何のアピールも無い、もちろん写真も掲載していない私にも、申し込みをしてくる男性がちらほらいます。

私の何を見て申し込んでるのか、とても不思議に思います。

一応、申し込みを受けたら、相手の男性の情報も見てみるじゃないですか。
どんな方なのかな?って。

そうすると、相手は「とても年配の方」か、「新しく登録した女性に片っ端から申し込んでいそうな方」がほとんどだと気がつきました。

「とても年配の方」というのは、もう60代くらいの父親世代の方です。

「第2の人生を一緒に歩んでください。豊かな生活を保障します。」のような申し込み文章をいただきましたが。

うーん…。
私は、結婚相手は年上でも年下でも構わないし、45歳くらいまでの方なら大丈夫です。

ですが、さすがに50代60代の男性は…。
無理かなあと思います。

でも私のように色々と大きなハンデを抱えている者が結婚するためには、それくらいの無理目なことも、視野に入れていかなくてはいけないのでしょうかね。
決して選べる立場ではないことは、重々わかっているのですが…。

たとえば相手が年配の男性でも、色々とお互いの性格や過去のことを知った上で、本気で私個人を気に入って求愛してくれたのなら、まだ考えられると思うのです。
それが、自然な出会いの中の流れだったのなら。

でも婚活サイトのようなきっかけで、自分が60代なのに30代の私に申し込むような方は、ちょっと嫌だなと思ってしまいました。

今は世代に関係なく、婚活をしている人はたくさんいる時代です。
「高齢者同士の婚活」というのも、よくテレビやニュースで取り上げられていますよね。

ご自分が50代60代ならば、50代60代の女性が相手では駄目なのでしょうか?
その方が、とても自然だと思うのです。

30歳下の女性と、恋愛関係・夫婦関係を望む気持ちが、私にはどうしても理解できないです。

そんなことを思いながら、今日はやっと婚活サイトの情報欄を埋めました。
これで、もっと私と合った世代の男性から申し込みがくることを祈ってます。

↓私もこちらを登録しました

NHKで紹介された婚活サイト
★登録無料★まずはお試し検索

     

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

 - 婚活

ad

ad

     

     

Comment

  1. しー より:

    昔会社の先輩が言ってたんですが
    40過ぎるとバツイチか50~60歳代しか紹介されなくなるそうです。
    60歳くらいで奥さんを亡くした会社の上司は40歳の人を紹介されて再婚してました。
    お見合い結婚したいならそれが現実ですよ~
    私は結婚に興味がないので結婚しませんが・・・
    (膠原病の持病があります)
    自分の世話で精一杯なので(^^;

    • エリコ より:

      しー 様

      そうなんですか…。
      婚活(お見合い)では、男性が女性の20歳上というのは普通にあるのですね。
      なるほど…。
      私は、少し考えを改めないといけないのかもしれませんね。

      私も自分で精一杯で、こんな持病を持って、数々の乗り越えられるかわからない壁に立ち向かってまで婚活をして、果たしてそれが正しいことなのか、わからないです。
      結局全て無駄な努力で終わるかもしれないし。
      でもやってみます。
      コメントをありがとうございました。

  2. こゆず より:

    初めまして。
    いつも拝見してましたが、初めてコメントします。
    堅苦しい訳ではないのに真面目さが伝わってくる素敵な文章を書かれますよね。
    つらい体験や、婚活についても飾ることなく率直に書かれていて、いつも更新を楽しみに拝読しています。
    さて、30才年下の女性と結婚したがる、60代の男性…
    いますよね~。私も婚活サイトに登録していた時期、何度も遭遇しました。
    でも、私は、その人達の気持ち、分からないでもないのです。
    いや、共感は出来ません。でも、気持ちは分からないでもない。
    ほら、女性にもいますよね。
    スキルアップも自立する努力も自分磨きもしてなくて、なのに、結婚相手の収入は何百万以上じゃないとイヤ~、専業主婦になりたいの~、と言っている高齢の女性。
    多分、それと一緒なのです。
    男性の収入と女性の年齢は、婚活市場では同じ価値なんだと言う人達がいます。
    そう思うと、どう考えても不釣り合いな相手を求める方々の気持ち、想像がつきませんか?
    共感は出来ないですけどね~(笑)

    また更新楽しみにしています!

    • エリコ より:

      こゆず 様

      「スキルアップも自立する努力も自分磨きもしてなくて、なのに、結婚相手の収入は何百万以上じゃないとイヤ~、専業主婦になりたいの~、と言っている高齢の女性」

      これ、まさに私のことだと思いました(汗)
      収入や専業主婦にはこだわりませんが、でもそうだといいな…という甘えた気持ちは確かにあります。

      そうですね。
      分不相応な条件や希望は、相手にこんな気持ちにさせるんですね。
      私も「高齢な男性は嫌」などと言うなら、もっと自分の価値をあげなくてはいけない、ということですね。
      目の覚めるようなコメントをありがとうございました。

     

  関連記事

予感的中!

やっぱり五十嵐さんから、また電話がきました。 絶対に月~水曜日の間くらいにくるだ …

驚きの言葉

お金の限界がきてしまい、もう毎週末はボランティアに行けない。 工藤さんにもなかな …

うなだれる女性の後姿
新しいことを始める

休みの日は、ずっと家にいたい。 外に1歩も出なくていい。 誰とも会わなくていい。 …

木原さんと再び話し合う③

「こう言っちゃなんだけどエリコさんって、大人しそうで控えめそうに見えて、結構頑固 …

水に浮かぶ桜
もっと成長したい…!

亀田さんからの返信は、まだきません。 「返信は期待してはいけない」と思いつつ、1 …



PAGE
TOP