ハゲで鬱で無職ですけど婚活してます

全頭脱毛症・鬱病・無職の3重苦をかかえて婚活をしている女のブログです

      

会いたいけれど会いたくない

   

      

今年のお正月、私の家には年賀状が4枚届きました。

1枚は実家の両親から。
1枚は会員登録をしている近所のクリーニング屋さんから。

あとの2枚は友人からでした。

友人といっても、どちらかというと「過去の親友」という感じで、連絡は年1回の年賀状と、年1回あるかないかの電話だけ。
直接会ったのはもう何年前だっけ?、というほど薄い付き合いなのですが。

でも先輩のことがあってからこの10年、私がどんなに心を閉ざし、遠ざけ、連絡を断絶しても、気にかけ続けてくれた人です。

身近な話や相談ごとはもうできないけど、でもとてもありがたく思っているし、心の支えにしています。
→友達がいない1
→友達がいない2
→友達がいない3

そんな友人からの年賀状を受け取り、そこに写っている写真を見て、友人に子供が産まれていたことを初めて知りました。

赤ちゃんの手

別にショックはありませんでした。

友人(マキちゃん)は2~3年前に結婚していたので、子供はいずれ出来るだろうと予想していました。
それに今はいちいちマメに連絡する仲ではないので、妊娠を知らされなかったことも当然だろうと思いました。

ただ、赤ちゃんを抱いたマキちゃんの写真を見るのは、少しだけ辛かったけど。

でも友人のお祝い事だもの。
せっかくだから何か出産祝いを贈ろう。

そう思ってみたものの…。

出産祝いは贈りたいけど、出産祝いを選ぶ作業は想像以上に苦痛でした。

赤ちゃんのグッズを見ていると、どうしても自分の流産のことを思い出してしまいます。

私は切迫早産で入院し、妊娠半年での死産でした。
入院中は、赤ちゃんグッズのカタログを見て、よく気を紛らわせていました。

その時のことが頭に広がって、泣きそうになってくるんです。
何を選んでいいのかわからなくなって。
そのうち貧血みたいに頭がフラフラしてきて、パニックを起こして、何も買えずにお店をあとにする。

そんなことが2回あり、自宅でネットから買おうと思っても結局最後は同じで。

買えずに延ばし延ばしになっていた出産祝い。

ついに先日、やっと買うことができました。

お店から直接配送をお願いしたら、後日マキちゃんからお礼の電話がきました。

マキちゃんと話すの、いつぶりだっただろう?
喜んでくれて、嬉しかったなあ…。
「エリコは最近どうしてるの?」って聞かれたから、「会社辞めて無職だよ」って言ったらすごくびっくりされたなあ(笑)

「赤ちゃん見においでよ」とは、たぶん配慮して言わないでくれたけど。
でも「うちにご飯食べにくれば?」って誘ってくれた。

けど、それもまだ無理かなあ。
行けないなあ…。

行きたいけれど、行けない。
会いたいけれど、会いたくない。

いつか私が、もっともっと過去の色々な傷を克服できたら。
笑って話せるようになったら、会いたいな。

わがままでごめんね。
それまで待っててくれたら、嬉しい。

     

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

 - 私について

ad

ad

     

     

Comment

  1. より:

    流産した人に赤ちゃんの写真送るなんて気がきかない人ですね。
    出産祝い欲しかったたけじゃないの?
    どうせ普段付き合いないのだし、そんな無神経な人とは縁切ればいいよ!

    • エリコ より:

      ★ 様

      私にも、そう思う気持ちは実はあります。
      年賀状を見た瞬間は、とても暗い気持ちになりました。
      でも、私だけわざわざ違う年賀状を送られるより、良かったかなと思います。
      友人の出産はいつかは知ることだから、タイミングですよね。

      でも★さんのお気遣い、嬉しかったです。
      ありがとうございました。

  2. ユズキ より:

    エリコさんこんばんは。
    以前コメントさせて頂いたユズキです。

    良く頑張られましたね。
    ご友人の出産祝いを贈られるお気持ち本当に辛かったと思います。
    同時に、エリコさんの前向きになりたいと願う気持ちが伝わってきました。

    私は一緒に婚活していた友人が最近結婚したらしいのですが(直接言われずSNSで知りました。彼氏が出来たことすら知りませんでした。)未だうまくいかない自分が歯がゆくて、結婚のお祝いですら掛けられない狭い心の持ち主なのでエリコさんを見習わなければならないなと反省しました。

    喜んで貰えて嬉しかったっていう気持ちを沢山貯金して、いつかエリコさん自身が幸せいっぱいになれるように微力ながら応援させて下さいね。

    • エリコ より:

      ユズキ 様

      ユズキさん、お久しぶりです。

      ご友人の結婚をSNSで知るの、とても複雑な気持ちになりますね。
      私もそういう情報が嫌なので、全くSNSをやっていないんです。
      友人の幸せを一方的に見るのは、やっぱりどこか辛いから。

      私も流産から時間がたってなかったら、きっと友人のどんなお祝い事も喜べなかったと思います。
      今も100%祝えているか?と言われたら、たぶん違います。
      でももう10年たってますから、そろそろ引きずる気持ちにもケリをつけないといけないと思ったんです。

      ユズキさんは狭い心の持ち主じゃないです。
      みんな、自分が幸せで心に余裕がないと、なかなか人の幸せを手放しでは喜べないと思います。

      私もユズキさんの婚活を応援しています。
      一緒に頑張りましょうね。

     

  関連記事

生涯独身の覚悟を持つ①

決して結婚をあきらめたわけではありませんが、「もしもこの先ずっと独身だったら…。 …

気持ちを新たに。前向きに切り替える

今日は、3週間ぶりにボランティアへ向かいます。 (この記事は予約投稿で、夕方に更 …

薬の束
睡眠って大事ですよね

今日、会社帰りに病院へ寄ってきました。 久しぶりに睡眠導入剤を処方してもらいまし …

ちょっと気になる男性

とても居心地の良い今の職場だけど、このままずっといてもいいのだろうか…? と迷う …

たくさんの花
友達がいない-3

一度は連絡を絶ったけど、今現在は何人かの友達と仲を復活できました。 でもそれは、 …



PAGE
TOP