ハゲで鬱で無職ですけど婚活してます

全頭脱毛症・鬱病・無職の3重苦をかかえて婚活をしている女のブログです

      

人それぞれの事情

   

      

飲み会から数日たった今、気持ちも少し変わりました。

「ざまあみろ」みたいな気持ちも確かにあったけど、もうやめました。

以前、このブログでこんなコメントをいただいたことがあります。

「どんなに嫌な思いをしても自分が悪くなっては軸がぶれていってしまいます。」
(→コメント)

その通りですよね。
ありがたい言葉をいただきました。

私は、私自身をおとしめてはいけない。
どんな嫌な目にあっても、同じレベルに立ってはいけない。

今回Aさんの話を聞いて、私の過去の「恨み」のような濁った気持ちが薄れたのは事実です。
それはもう、本当にごめんなさい、としか言いようがない。

でも、Aさんの今の状況を、決して嘲笑ってはいけない。
AさんにはAさんの辛いことがあって、それはいつ自分の身におきても不思議ではない。

私だけが辛いわけじゃない。
世の中、皆、それぞれに辛いことがある。
だから人の痛みを想像しなくてはいけない。
思いやらなくてはいけない。

きっと、昔、Aさんが私を避けていたことだって、何か事情があったんだ。
決して好きでやったわけじゃないんだ。

そう気持ちが変わっていきました。

そう考えたら、気がついたことが1つあるんです。
どうやら娘さんが休学された頃と、私が避けられ始めた頃は、時期が重なっていたようなんです。

以下は私の勝手な想像です。

・お局様から私がカツラだと聞いたAさんは、私が心に病みを抱えていることを知った。
・娘さんは友人を亡くして、休学するほど深刻な状態におちいった。
・Aさんは、娘さんと私のことが重なって見えてしまい、私と接触することが辛くなった。
・娘さんのことで余裕をなくしたAさんは、仕方なく私を避けるようになった。

これが、Aさんが私を避けていた理由ではないかな、と本当に勝手ですが解釈することにしました。

Aさんにも事情があった。
仕方なかったんだ。
私は嫌われていたわけではないのだ。

そう思うほうが、悪い気持ちを持つよりも、何倍も楽です。

空を見上げる女

それに私、Aさんのことをとても立派な人だな、と思うのです。

病を抱えた娘さんのことを何年も、全力で支えたAさん。
お仕事も辞められて、生活の全てを娘さん中心にしたそうです。
金銭的にもかなり大変だったようです。

だけど、元々明るく朗らかなAさんは、笑っていました。
愚痴や泣き言なんて1つも言わずに、心から娘さんのことを想ってらっしゃる様子が伝わりました。
次は息子さんが大変な状況になったようですが、それでも笑顔でした。

人前だから、気丈にされていたのかもしれませんが、Aさんには太陽みたいな包容力があるんです。
最初に仲良くしていた頃、私はそんなAさんの包容力を感じて、慕っていたんです。

Aさんのお子さんなら、きっとAさんの愛情に癒されて、無事に回復されると思います。

そして、私もそれを心から願っています。

     

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

 - 雑談

ad

ad

     

          

  関連記事

仕事で最も大事なのは?

職場での正社員登用について、ご意見をくださった方達、ありがとうございました。 と …

青色の花
あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。 今年の1番の目標は、婚活に切磋琢磨し、生涯の伴 …

たくさんの花
たった1度のバレンタイン

今年もバレンタインが終わりましたね…。 実は私、バレンタインのチョコレートをあげ …

善意に溢れた人

ご無沙汰しており、大変申し訳ありません。 実は数週間前より、茨城・栃木・宮城でお …

青色の花
いくつになっても女は…

山本さん(元上司)の送別会には、ある人が来ていました。 同じ職場だった、Aさんと …



PAGE
TOP