ハゲで鬱で無職ですけど婚活してます

全頭脱毛症・鬱病・無職の3重苦をかかえて婚活をしている女のブログです

      

私は全然いい人ではない

   

      

山本さん(元上司)の送別会へ行った私は、Aさんの隣に座らされてしまいました。

Aさんも、まさか私が来るとは思っていなかったようです。
お互い気まずい顔をしたけども、とりあえず挨拶をしました。

他の人も続々到着して、飲み会が始まりました。

生ビール

私は人と話すのが得意ではないですが、ここにいるのは全員、元は同じ会社の人達です。

「あの業務はどうなった」
「エリコさんの仕事は今は~~な感じだよ」
「○○課の○○さんがどうなった」
「部長は来年定年を迎える」
などなど、話す話題はたくさんありました。

私は主に聞き役に回っていましたので、そんなに苦ではありませんでした。

そんな感じで歓談をしている時のことです。
山本さんがAさんに話かけました。


山本「そういえばAさん、娘さんはあれからどうなりました?大丈夫?」

A「ああ…。おかげさまで、やっと4月から復学することになったのよ」
山本「良かったですね!ずっと気になってたんですよ」
A「ええ…まあ…。良かったんですけど、実は次は息子が…」
山本「え!?」
A「今度は息子が同じようになっちゃって(笑)まったく困っちゃうわ…!」

最初は何の話か、さっぱりわかりませんでした。

でも、私同様にポカンとしている数人に気がついたようで、Aさんが説明してくれました。

■□■□■

Aさんの娘さんは、数年前に友達を突然亡くされました。
原因は、娘さんとのトラブルが関係していたそうです。
そしてそれがきっかけで、娘さんは心を深く病み、入ったばかりの大学を休学したそうです。

心の病の症状はけっこう重く、Aさんも心配で仕事が手につかなくなるほどだったとか。
しばらくして、娘さんはとうとう一人きりにしておけないほどになり、Aさんは退職を決めました。

その後つきっきりで娘さんのケアをし、最近になってやっと病が回復し、大学も復学することが決まりました。

しかし入れ替わりで、今度は息子さんの登校拒否が始まったのです。
息子さんは今大学1年生なのですが、大学での人間関係に深刻な問題がおきたらしく、突然引きこもったとのこと。
学校はおろか、ほとんど外出できなくなってしまった。

そして、やむなく来年度からは休学をするとの話でした。

■□■□■

この話を聞いて、最初に「因果応報」という言葉が浮かんだ私は、性格がゆがんでいますよね。
本当にごめんなさい。

でも、どうしても思ってしまう。

だってあの時、Aさんが私にしたこと。
それは本当に、私の心を痛めつけたから。

たとえ私がAさんに失礼なことをしたのだとしても、そんな悲しい態度をとることないじゃない。
避けることないじゃない。
もしあなたの子供さんが、そんなことされたらどう思う?

当時、私はいつもそう思っていました。
Aさんだけじゃなくて、お局様にも子供さんがいました。

なぜ、大人で、親という立場で、そんな冷酷なことができるのですか?
私のことが嫌いでも、そんな酷いことしなくてもいいじゃないですか?
自分の子供が同じことをされても、それでもいじめられるほうが悪いと言えますか?
気に病む、心の弱い人が悪いんですか?

何度も何度も、本人達に問いかけたいと思っていました。

結局、小心者の私は言えなかったんですけど。

人間関係のトラブル。
一方が一方を嫌い、それを態度に表す。威嚇する。傷つける。
それって学生じゃなくても、社会人でも充分悲しいし、そのコミュニテイから逃げたくなります。

私がいじめられた場所が会社ではなく、もし学校だったなら、確実に登校拒否していたと思います。

Aさんの状況、とてもお気の毒だと思います。
Aさんのせいでも、お子さんのせいでもない。
そう思います。

でも私、ずっとAさんのことを気に病んでいたのですよね。
心にひっかかってた。

お子さんの話を聞いたことがきっかけで、病む気持ちが、やっと消えそうです。

(お子さんのいらっしゃる方、気分を害された方、いましたら本当にごめんなさい。)

     

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

 - 雑談

ad

ad

     

     

Comment

  1. ヒカリ より:

    その気持ち、とても分かります。
    中学生のとき、誰々が嫌いだから無視しよう、などと言う友達がたくさんいましたが、社会人や親になってまでそんなことをする人は本当に成長していない、人の気持ちが全く分からない人だなあと感じます。

    エリコさんは辛いことがあっても前を向いて頑張っておられて本当に尊敬します > < !!
    これからも応援してます!

    • エリコ より:

      ヒカリ 様

      そうそう、子供の時には未熟さゆえ人を傷つけることもあるかもしれないけど、いい大人がそれをやってはいけないですよね。
      なによりも、そんなことをしている自分に恥ずかしくならないのかなって思います。
      他人に自分の汚い一面は隠せても、自分自身には自分のしていることを隠せないですからね。
      嫌なことを言ったりしたりしている自分を、嫌にならないのか不思議です。

      応援、とても嬉しいです。
      ありがとうございます。

  2. まさ より:

    エリコさん、こんばんは。遂にソメイヨシノ咲き始めましたね。通勤中に桜があって、見てるだけで癒されてます。
    そちらは桜見ましたか?
    満開中も良いけど開花中も中々乙で良いですよ♪

    当事者じゃないので、本当のところはよく解りませんか、blog拝見した感想は正にタイトル通りですね。
    僕にはAさんはそんなに悪い人には思えないです。Aさんには本当に苛められてたの?
    時間軸が解らないので何とも言えませんが、Aさんの娘さんが大変な時にエリコさんへの態度が変わったとかないですか?
    お局様も子供さんがいるなら、娘さんの相談してたとか。
    僕の周りにもAさんに似た人いますけど、虐めを止めるタイプだし、周りからも親しまれる様な性格の人が他人を苛めるのかなと…。

    まぁ何にせよ、中々ブラックなブログ内容ですね…。

    • エリコ より:

      まさ 様

      Aさんには直接的ないじめはされていません。
      避けられていただけです。そう書いています。
      Aさんは朗らかで誰からも親しまれるような人ですけど、決して完璧な人ではないです。
      Aさんにも嫌いな人はいたし、避ける相手はいました。
      (仲良しの頃に聞いたことがある)
      いじめを止めるタイプでもないです。
      (いじめを止める人ってそもそもそんなにいないと思います。基本かかわならいってスタンスの人が多いかと)

      だからこそ「嫌われちゃったのかな?」と心配になり、避けられるようになった理由や経緯が気になって病んだんですよ。

      • まさ より:

        エリコさん、こんばんは。
        返信ありがとうございます。
        どうやら色々勘違いしていたようです。
        すみません。

      • エリコ より:

        まさ 様

        いえいえ、謝らなくても大丈夫ですよ。

  3. 小夏 より:

    エリコさん、こんにちは。
    わかりますよー、その気持ち。
    私の前の勤務先にも、結婚されててお子様もいるのに意地悪な人いましたよ。
    部署もフロアも違ったので私は直接には関わらずにすみましたが。
    子を持つ親なのに、どうしてこんなヒドイことするんだろう、って思いますよね。自分の子供には「弱い者いじめは、しちゃだめよ」って教育できるんでしょうかね。
    女の世界のイジメって酷い。
    因果応報…って、本当にあるんでしょうか。
    例えば、すごく意地悪で性格悪い人が結婚して子供にも恵まれて、優しい良い人が色々と酷い目に遭ってたりすると、「神様って本当にいるのかな」と思ってしまいます。
    でも、たまに「ああ、やっぱり神様は見てくれていたんだ」って思える時もありますけどね。
    P.S. 先日はコメントへ返信ありがとうございました。嬉しかったです。これからも応援してます。

    • エリコ より:

      小夏 様

      意地悪な人ってどこにでも一定数いるんですね。

      私も「因果応報」があるかどうかはわかりません。
      でも意地悪な人ってきっと何か心に鬱憤があって、それを晴らさずにはいられないのかな、と思います。
      私も心に色々抱えてますが、そのストレスは自分へ自分へ向かうんですよね。
      そうじゃない、外へ外へ、やつあたりのように発散する人もきっといますよね。
      それが人を傷つける行為へなるのかな、と考えています。
      きっとその行為はめぐりめぐって自分に返ってくるんじゃないでしょうか?

      もちろん、その両極端だけでなく、上手に違う方法で発散される人がほとんだと思いますが。

  4. マダ より:

    こんばんは。はじめまして。

    マダと申します。私もアラサー婚活の身でして最近こちらのブログにたどり着きました。
    それからというもの頻繁に拝見させて頂いては、色々と生きる励みを勝手に頂いております。

    送別会参加されたということで、お疲れ様でした。目に映る進歩がとても嬉しく思いました。
    エリコさんが思う感情はごく自然な事だと私は思います。

    そしてエリコさんの文章はブラックな記事でも相手の方への礼儀を感じるので読んでいて嫌な気分になりません。・・・本当に見習いたい所です;
    この複雑な感情は当事者になったことがある方なら言葉を並べずとも解ると思います。
    様々な視点から物事を解くのも大切ですが、理由が何にせよ幾つになっても相手を思いやる最低限の礼儀を忘れてはいけないなと改めて強く思いました。
    この世に同じ人は一人といませんから毎回対応が難しくて参ってしまいそうですが;頑張ろうと思いました。

    願わくば今後も微力ではありますが応援させてください。
    そろそろエリコさんが幸せと感じれる番が来たように思います。

    • エリコ より:

      マダ 様

      ありがとうございます。
      送別会へ勢いで行って、心の中は「カツラですが、それがどうかしましたか?何か迷惑かけましたか?」みたいなセリフを何パターンも用意してたんですが、使うことなく終わって良かったです(笑)
      私、進歩しているんですね。
      読んでくださっている方からそう言っていただくと、とても嬉しいです。

      ブラックな内容でも、私の中でとても大きなことだったので、思ったまま書いてしまいました。
      Aさんの不幸を一瞬でも「ざまあみろ」って思った自分も、本当の私だし。
      その後に、そんな自分を恥じて考えを変えた自分も、本当の私だと思います。

      心のわだかまりを、1つ決着をつけられて良かったです。
      応援ありがとうございます。

     

  関連記事

ブログについて

いつも読んでくださり、ありがとうございます。 五十嵐さんとお別れし、まだまだ気持 …

工事現場から「ハゲ!」と聞こえてきて

昨日は全国的に大雨・台風の荒天でしたが、皆さんの地域は大丈夫でしょうか? まだま …

青色の花
孤独

街がクリスマスに染まるこの時期、本当につらくなります。 どこもかしこもクリスマス …

青色の花
口唇ヘルペスの治し方

興味が無い方も多いかと思いますが、お問い合わせをいただいたので書かせていただきま …

青色の花
人それぞれの事情

飲み会から数日たった今、気持ちも少し変わりました。 「ざまあみろ」みたいな気持ち …



PAGE
TOP