ハゲで鬱で無職ですけど婚活してます

全頭脱毛症・鬱病・無職の3重苦をかかえて婚活をしている女のブログです

      

横井さんの部屋に来てしまった

   

      

初めて来た横井さんの家は、想像していたよりも、ずっと雑然としていました。

ソファとテーブル

広めの1ルームに、いかにも男性が選びそうな黒いソファ、渋い色みの家具。
壁にかかったお洒落なポスターや観葉植物。

それらは、横井さんらしさを表していましたが、それにしても結構散らかっています。

本や服や自転車のパーツのような物が床に所狭しと置いてあり、「足の踏み場もない」の1歩手前…、という感じでした。
一人暮らしの男性の家ですから、仕方ないのかもしれないですね。

横井さんは特にそれを気にする様子もなく、私を家に招き入れました。

「そのへん、適当に座ってて。コップ持っていくから。」

そのへん…とは、たぶんこのへんなんだろうな、と思った場所は、テレビの前のローテーブルのある場所です。

たぶん1人暮らしの家だと、ダイニングテーブルが無い家が大多数だと思います。
私の家も1ルームな上に狭いので、どうしても食事も書き物も、パソコン作業も、テレビの前に置いたローテーブルで、全部すませる形になってしまいます。

横井さんの家は私の家なんかよりよっぽど広かったですが、それでもダイニングテーブルは置いていませんでした。

で、このローテーブルの前に座る時、たいていは何かに背をもたれて座ると思うのですが…。
そうです。ベッドです。

テレビと向かい合うように配置されたソファは、座面も周りも物が積んであり、座れませんでした。

テレビとソファと「コの字型」になるように置かれたベッドの前だけ、いつも横井さんが座っているのか、物が寄せられて座れるようになっていました。

ベッド

いきなりベッドの前か…。
考えすぎだとは思うのですが、なんとなく、躊躇しますよね…。

困惑して立ちつくしていたら、キッチンのほうから横井さんが「そのへんにある物、どかしていいから。」「テレビつけてくつろいでてね。」「お茶でいいー?」と色々と声をかけてくれました。

なんか元気そうです(笑)。
自分の家だと落ち着くのかな?
家に来て良かったかも…、と思いました。

私は結局、ベッドに背をもたれることができなくて、小さく体育座りをしていたのですが、横井さんが飲み物を持ってきてそれを見て、笑いました。

「そんな小さくならないで、もっと普通に座ればいいじゃん(笑)」
「ふ、普通に座ってますよ…。」
「だらーんとしていいのに(笑)じゃあ、俺シャワー浴びて着替えてくるから、飲み物無くなったら冷蔵庫あけてもいいからね。」
「………。」

シャワー……。
考えすぎだとは思うのですが……、「え?シャワー?」って思いますよね?

この日も暑かったし、横井さんは上着こそ着ていないものの、スーツでしたし、そりゃ家に帰れば誰だって真っ先にシャワー浴びたいですよね…。

私が変なのかもしれません。
考えすぎなんです、きっと。

でも、やっぱり戸惑いますよね?

     

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

 - 婚活

ad

ad

     

          

  関連記事

エレベーターの押しボタン
嫌いじゃないけど…

「なんで?付き合いたくないの?何を迷っているか教えて?」 歯切れの悪い返事をする …

iphoneを持つ手
別れへのカウントダウン

横井さんの家で具合が悪くなった私は、ソファで横にならせてもらい、そのまま1時間ほ …

万事休す、気持ち切り替えていこう

木原さんについても、親との関係も、職場のことも、色々考えてしょうがない。 嫌なこ …

さらなる驚きの言葉

「もう、こっちで結婚しちゃえばいいんじゃない?」 電話で工藤さんにそう言われて、 …

結婚を考えてない男性とのお付き合い

婚活パーティーや婚活イベントに参加したり、婚活サイトを使っていても、実はそこまで …



PAGE
TOP